« 葉書大上質紙1枚1円。 | Main | ゴマナン・ほうれん草ナン »

2004.04.03

ADHDの子向けTV番組

みてハッスル きいてハッスル
月曜日 午前9:45~10:00
http://www.nhk.or.jp/hassuru/
http://www.nhk.or.jp/school/bangumi/mite-kiite/1-ban.html

たとえば米国では、ADHD(注意欠陥多動性症候群)の子どもは一般的な知的障害の子どもと区別して「病気」とみなし、子どもに例えば「社会的に受け入れられる振る舞い・行動のしかたをやってみせる→子どもにさせる→ほめる」ことを『訓練』して「対処・改善」を試みる場が数多く整備されていて、通常の学校からはその子どもは分けて運営しているとききます。
この番組はそういう症状に向かい合う子どもと、その子どもと歩む先生・親が活用する番組ということのようです。

予告編をTVで見ましたが、商店主さんに突然近づいて『おじさんのあだ名はなに?』等とヘンなことを聞く子役が出てきたりしていました。「客体的に様子をみせて、場面について考えるきっかけを与える」という従来の道徳番組の要素に加えて、『訓練』としてもう一歩踏み込み「こうやってみよう」と、指図的です。そして、ほめています。ADHDを「病気」と認識する風土が醸成されてきたからこそ、従来の道徳教育とは違ったコンテンツが作れているようです。期待できます。

|

« 葉書大上質紙1枚1円。 | Main | ゴマナン・ほうれん草ナン »

Comments

NHKにこんな記事が載っていました。

楽しく遊びながら、コミュニケーションの練習!
~新番組『みてハッスル きいてハッスル』番組制作者インタビュー~
http://www.nhk.or.jp/school/tokusyu/01_bn040414.html

Posted by: mike | 2004.07.14 05:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ADHDの子向けTV番組:

« 葉書大上質紙1枚1円。 | Main | ゴマナン・ほうれん草ナン »