« たび日記 2005/3/11 | Main | たび日記 2005/3/13 »

2005.03.14

たび日記 2005/3/12

たび日記 2005/3/12

朝からシチリア島パレルモの歴史探訪。

民族学博物館に行くと、エジプトから持ち帰ったとおぼしき石の彫刻の数々。
どうやらその当時から「石切場」としてパレルモは活躍していたらしく、そのとき使われた石の「里帰り」らしい。
あとは、ギリシャ文明の影響を受けた、紀元前6〜4世紀の土器・青銅器などが数々並んでいました。

12世紀頃の石造りの建造物がそこかしこに残る街パレルモは、キリスト教だけではなくイスラム教の雰囲気もする街。大聖堂も、よぉく見るとイスラムの寺院っぽいテイストがあったりして、ちょっと変な気分。
タイルでできたモザイク画の床面なんかは、その当時の名残を感じます。

そんなわけでシチリアを離れ、夜にミラノ到着。宿に着いたらばたんきゅーで、行こうとしたレストランに行けず。

|

« たび日記 2005/3/11 | Main | たび日記 2005/3/13 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たび日記 2005/3/12:

» シチリアの思い出 [大いなる夢]
旅の日程はおおまかには次の通りでした。(03年9月) ① 成田 → 機中泊 ② → カターニア → タオルミナ タオルミナ1 タオルミナ2 タオルミナ3 タ... [Read More]

Tracked on 2005.03.17 19:13

« たび日記 2005/3/11 | Main | たび日記 2005/3/13 »