« たび日記 2005/3/19 | Main | たび日記 2005/3/21 »

2005.03.21

たび日記 2005/3/20

たび日記 2005/3/20

朝、すこししてから日帰り旅に出る。
半島の突端にあるダカールからまず東に走り、その後海岸沿いを南東に走ること115km。JoalというところののFaghot島という地に行ってきた。
ダカールを始め大多数の国民がイスラムであるこの国で、この島だけはクリスチャンが多い。
そのせいか西欧からの観光客が数多く訪れていて、写真入りの名札を提げたガイドが、彼らを案内していた。
でもモスケ(モスク)も島の中にあり、両教徒が島の中で同居している。久しぶりに、生きたブタも見た。少しだけ、住民が裕福そうな雰囲気がする。

その島も由緒も面白い。沖の浅瀬に貝殻を積み上げているのだ。そこに橋が架けてある。一方、小舟を使った島周辺の遊覧もできる。

詳しくは調べたわけではないのだが、きっと昔はこんなさまだったのではなかろうか。

昔はこの橋そのものが無く、いわば『異教徒』が肩を寄せ合うようにして暮らしていた。対岸の街との移動手段は小舟だけ。
そのうちこの国は独立し、交通の発達で『バカンス客』という新しい人の流れができた。
「ここはイスラムの国かとばかり思っていたけど、そんな昔からカトリックの地があるんだ!」と伝え聞いたヨーロッパの人びとが訪れるようになり、街は潤いだすとともに、もっと来てもらおう、と橋を架けた。

島のもう少し沖には水辺のマングローブ林、大陸側は突端の小さな集落の背後にサバンナ。
日本人の「アフリカのステレオタイプ」には、あと野生動物が足りないけれど(苦笑)、結構いい雰囲気。やるじゃないか。

|

« たび日記 2005/3/19 | Main | たび日記 2005/3/21 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たび日記 2005/3/20:

« たび日記 2005/3/19 | Main | たび日記 2005/3/21 »