« マネージメントと監督は違う | Main | 今日の佳き日 »

2005.11.14

アフリカへの古着輸出

そういや「なんで?」という柄を来た人がダカールにも多いと思った。

ABC News Nightline Podcast
05/Oct/2005: Upside of Hand-Me-Downs

アフリカ中部向けの米国からの最も規模の大きい輸出品は、家電でも、車でも、武器(苦笑)でもなく、古着。

…とは、上記の談。

いろいろ調べてみたら、米国は南米向けの輸出も多いとか、ドイツはもともとエコロジーな上に輸出相手が多いお蔭で、古着の回収率が70%にも達しているとか、一方日本の回収率は10%とか。

セネガルなんて、基本的に地元民が触れられる海外メディアといえばTV5(F2)。もちろんフランス語。ABCだCNNだと見られるはずがないし、まぁ有ってもEURONEWSのスポーツ番組くらい。なんでNBAのユニフォームの人がときどき居るの?とは思っていたんだけど。こりゃ英語が母語の大英帝国系のアフリカ諸国だと、現地の人々の服における「米国古着率」が、きっと高いんだろうなあ。

ちなみに、セネガルの街中でみる普段着で「スポーツ選手ユニフォーム」といえば、ほぼ間違いなくヨーロッパサッカー。あと、古着率もある程度はあるかも知れないが、結構「新品」とおぼしきものが手に入る。お店なり、バナバナ(路上を歩きながらの物売り)なりがあるところをみると、販売ルート的にも、着用者の生活水準的にも、買えるらしい。
#商標権的に「まとも」な製品なのかどうかは不明(笑)。

|

« マネージメントと監督は違う | Main | 今日の佳き日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アフリカへの古着輸出:

« マネージメントと監督は違う | Main | 今日の佳き日 »