« たび日記 2005/12/22 夜 | Main | たび日記 2005/12/23 朝 »

2005.12.23

たび日記 2005/12/23 早朝

セネガル・ダカール到着。もうすぐ寝ます。
blogランキング、こちらも訪ねて下さい。お願いします。

着陸直前にセネガルの入国審査カードの配布。
そうしたら、隣のセネガル人とおぼしき男が、何か言いながらそのカードとかパスポートとか、私に渡す。
さっきから俺のことをのぞき込んでいたから、てっきりペンが借りたいのかと思ってた。そしたら「書いて」とは。

おいおいっ、書けないのか?てゆっかパスポート見たら俺より年上だし

なんとまぁ。とか思ったのだが、

「俺が書くの?」
『Si(うん)』

というので、まあ渡されたパスポートを見ながら、書いてゆく。
しかし、なぜ Si なんだ? フランス語で Si は、否定疑問文で肯定の返事の時だけじゃないの? イタリア人みたい…。いや、俺が話し間違えたかな…


permanent address

というところにさしかかった。さすがに住所はパスポートに載ってない。そこでフランス語で話すことになる。うーん、こんな過酷な条件下で、私のヘボフランス語実地訓練、きっつー。


「どこ住んどん?」

って聞いたら、なにか別の顔写真入りの公的身分証明っぽいものを渡され、これ、とか指をさす。

「へえ、あんたイタリアに住んでんねや!」
『Si(うん)』

移民労働やね…しかしまた Si かよ…とか思いながら続き。
こんどは

reason of visit

というところにさしかかる。

「なんでセネガルに来たん?」

って聞いた。そしたら…。
様子がへん。どうも分かってない。
あれ、俺のヘボフランス語、通じひんかったかな?と思って繰り返したり、言い換えたりするが、だめ。
そうしたら、この彼、

『イタリア語、話せる?』

そんなん、無理無理!

「non」

とか答えながら、うっそー、もしかして…と思って

「フランス語、話せる?」
『ほんの少し。話せるのイタリア語だけ』
「えー、じゃあ、イタリア語とウォロフ語(senegal現地語)はしゃべれるんや」
『そう』
「(2人笑い)」

なんとなんと、どうもこの彼、生粋のイタリアーノなセネガル人のようなのだ。イタリアの外国人登録がされているところを見ると、移民二世ってことかな?
イタリアーノなので、「うん」「はい」は "Si."。
そして入国審査カードは、フランス語と英語の2言語のみ表記。なるほどなるほど、なっとく。


イタリアは移民の受け入れが周りのEU諸国と比べても比較的緩いと、聞いたことがある。
このアリタリアが毎日(週7便)飛ばしているミラノ=ダカールも、その移民の利用が最も多い。実際、今回の便もほとんどが黒人。観光客なんてほんとにいない。

日本人の先人も移民として南米・北米へと向かい、そこで子どもたちが生まれ育っていったのだけれども、同じことがこの2国間でも起きているってことね。そらそーだよね、起きるよね。

しかし、アフリカからの移民でヨーロッパに定着し、母国語はできるがフランス語がからっきしダメ、というのは、はっとさせられた。そりゃそういう境遇になる人はごまんと居るんだろうけど、初めてそういう人にあって、改めて驚く。そして、もちろんアフリカをも含んだボーダレス時代を、実感する。

今日(22日日本自宅発~23日到着) 6900歩

|

« たび日記 2005/12/22 夜 | Main | たび日記 2005/12/23 朝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たび日記 2005/12/23 早朝:

« たび日記 2005/12/22 夜 | Main | たび日記 2005/12/23 朝 »