« たび日記 2005/12/8 | Main | たび日記 2005/12/8 夜 »

2005.12.09

たび日記 2005/12/8 昼

機内で、仕事のための「英語一夜漬け(苦笑)」。
そこで使った、辞書がすごい。

The Penguin Dictionary of Physics, Third Edition, Longman
ISBN 0-14-051459-7

今回は事象をできるだけきちんと細かめに伝えた方が「客受け」がよさそうなので、なおのこと英語できちんと話す必要がありそうなのだが、この本、辞書というより簡易な解説書の域に達していて、非常によい。
ふだん日本語であれば何とか伝えられる物理の現象も、やはり英語で伝えようとするとそれなりのスキルが必要。
そんなとき、この本はかなり有効だ。解説書として、1文1文が相当「洗練」されている。無駄がない。
また、いろんな現象を「科学の諸現象として適切に」伝えるためには語彙の選び方が重要だが、そのアドバイスもしてくれる本だ。
こんなくだりがある。

When a superconductor, in a weak magnetic field, is cooled below its transition temperature, the magnetic flux inside the substance is expelled except for a thin surface layer. This is the Meissner effect.
A bar magnet dropped onto such a conductor will be repelled and will hover above it, exhibiting levitation. The Meissner effect implied that a superconductor exhibits perfect diamagnetism.
(The Penguin Dictionary of Physics, Third Edition, p.429 "Superconductivity")

知っている人は知っている、超伝導体のマイスナー効果に関する解説なのだが、電磁気学的な「反発」を意味する repulsion(名詞), repel(動詞) に対して、力学的には hover (空を舞う) という単語がふさわしいということなのだろう。
実は私、「力学的に」反発を意味する単語を、この事象の英語解説において使えていなかったことになる。
「電磁気学的」な repel でごまかすか、jump 等の単語を「ジャストミート」ではないがあてがうか、どちらかをやっていたことになるわけだ。

まあ、これはただの勉強不足の言い訳に過ぎないのだけれども、こういうときの語彙の選び方が、相手になにかのイメージを持たせるときに大きく影響するのは確かだろうから、気をつけなくてはならない。

|

« たび日記 2005/12/8 | Main | たび日記 2005/12/8 夜 »

Comments

藤谷さん
おつかれさまです。1FIPしぶやです。
ペンギン辞書(?)シリーズ、面白そうですね!
#言葉の選び方ひとつでも、相手によって違うなぁ、
 と日々実感します。

シチュエーション別コミニュケーション辞典が欲しいなぁ
と思う今日この頃です。

奮闘されている様子をblog経由でみせていただいて、
私も気合いが入りました~!!

Posted by: しぶや | 2005.12.10 15:53

どもです。

他のresource personsは、全員プレゼンが終わりました。
みんな、のどかに楽しそうです。

鬱な顔してるのは、わたしだけです…

Posted by: mike | 2005.12.12 01:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たび日記 2005/12/8 昼:

« たび日記 2005/12/8 | Main | たび日記 2005/12/8 夜 »