« たび日記 2005/12/9 | Main | たび日記 2005/12/10 »

2005.12.14

International workshop of Science Demonstration on Physics: 10 December 2005

Int'l workshop of Science Demonstration on Physics: 10 December 2005

9時45分~
Session 1
Mr. Eddie Goldstein
Senior Space Science Educator
Denber Museum of Nature and Science

How to define the space and audience spaces
(デモスペースの使い方)

(ビデオ会議)
desktopのpower macとiChatを用いたビデオ会議。
現地はちょうど半日前にあたり、夜。
Eddieのワークショップ開催場所は、館内のデモを見せる場所。
サイズはロボットの実験工房くらい。
一方の短辺に舞台・他方の短辺は展示フロア
長いすを馬蹄形に並べたり、カーペットに座らせたりして来館者は参加する。


(ワークショップ1)
How to let you visitors know a show is about to begin
 (理想)自然に集まる
 アナウンス等をさせる
 言ってまわる
 掲示を立てておく
 始めてから(アイスブレーク等で)お客さまに「拍手!」とお願いし、大きな音を出して注目させる
 「何分かかるか」いう

How to focus audience attention

Do you need multimedia ?
 コンピュータに入れてみせるようにしておくと、少人数グループから大人数まで、場に応じた映し方で見せられる

How to design a single space for multiple uses
ステージ・場の作り方
 子どもとやりとりをしたいとき
  長いすを馬蹄形に置く、
  床に座らせる、
 いろいろ、ものをとっかえひっかえ出したい
  机、小物入れ、等舞台に出すものにはかならずタイヤを付ける
  奥行きのあるステージの前方に壁を付け、そこに展示物を貼り付ける
  ステージの壁を外したり裏返せるようにし、大道具を素早く変えられるようにする
  ステージの壁にカーテンが張れ、使わないときは隠すようにする

What is virtual stage
 Virtual Stage
 時には床に座って演示が見られるステージ、ときにはただの展示エリア
 展示物にカートを付け、移動できるようにしておく

ジオラマの利用
 扇形・階段状の椅子を配し、正面にガラス越しに中にいれた展示。
 (例)火星の陸地の様子をつくったジオラマ。マーズローバー。
 ガラスの中に入れることで
  展示物の中から出てくるもの(ほこり・におい)がお客さまのところに立ちこめないようにする
  お客さまにものを投げることがあり、その時被害に遭わないようにする


(質疑1)
ファミリー・学校ともに興味深いと感じるデモの選び方は
 むずかしい。反応をみながらとなるか。
 学校の場合はカリキュラムや授業内容を考慮して進めてもよい
床の作り方は
 カーペット敷きにしてある
 走っても音がしない
カメラでモノを見せるさい、数はどのくらいか
 そんなに要らない
 機動的に持ち運べるようにすればよい
出してさわれるモノはどのくらいあるの? どう運営しているの?
 当館の場合、
 だいたいのものは外壁に埋めてある
 +
 さわるときにそれぞれ出す
  必要に応じて出す作業はボランティアもサポートしている
人数による演出の変え方はどうしているのか


(実演を見せながら・1)
固体窒素
 圧力を下げる装置+ガラスカバーを用意し、液体窒素をシャーレに入れて
 窒素がモコモコッと盛り上がる
 カメラを用意してみせるのがよい
超伝導体
 マイスナー効果


(ワークショップ2)
演示の量
 マジックショーではない
 考える時間を取ること

言語(言葉遣い)
 お客さまの構成を考えて言語(言葉遣い)を変えることは重要
 イラストを見せることも言葉による説明のサポートになる


(実演を見せながら・2)
紙(コピー用紙みたいなの)を用意
両手に1枚ずつ持って
「右で持っている方を早く落とすにはどうしたらよいか、思いつくだけ考えよう」


右を丸める
右を紙飛行機にする
 垂直にすると 早く落ちる
 水平にすると これも早く落ちる
左をヘリコプターにする
右を垂直に、左を水平に持って離す
★右手の紙を先に離し、落ちてから左手の紙を離す
右手の紙を左手の紙の下に重ねてから落とす
…creative thinking --- to become scientific thinker
  truely excitement

11時30分~
Session 2
Workshop
NCSM (National Counsil of Science Museum, India)

Excellence in Demonstration
よいパフォーマンスに対して表彰をしている

Title: Science Magic Miracle
- Superstitions still prevail in society
- Efforts to eradicate superstitions thoughts and beliefs
- Reaching the people of all age groups
- To develop scientific attitude among them

Essentials for Good Demonstration
A. Developing Rapport with Audience
- Feedback is important
B. Contents
C. Explanation
D. Skills

|

« たび日記 2005/12/9 | Main | たび日記 2005/12/10 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10903/7614475

Listed below are links to weblogs that reference International workshop of Science Demonstration on Physics: 10 December 2005:

« たび日記 2005/12/9 | Main | たび日記 2005/12/10 »