« ボンヌとしゃべる超初級フランス語(4) | Main | セネガル部分日食 »

2006.03.29

たび日記 2006/3/27

セネガルはフランス語とは別の現地語として、ウォロフ語というのがある。
ウォロフ語で、話への相づちなどの「はい」「うん」は、

「わぁーぉ」

という。今日知った。これは面白い。

晩にあるお宅に出かけようとして、自宅のガードマンに、そのお招きくださった方のかいた地図を見せた。「どうやっていくのか」を私と妻がそのガードマンからひとしきり話したところで、「来て」といわれるまま、タクシーを探しに大通りに出る。
運転手に、地図に書かれている場所の説明をしてくれるようなのだ。ありがたい。
こういう細かい説明を必要とするとき、タクシー運転手がフランス語が『カンペキ』とは限らないため、ウォロフ語で伝えてもらえる。
が、ウォロフ語はフランス語以上にまったく分からず。すると、こうなる。

ガ:「☆※□▲◎◇!」
運:『わぁーぉ』
ガ:「○▼◇★◎■!」
運:『わぁーぉ、わぁーぉ、』

いまから行ってほしい道路はこうやって…という説明を聞いている相手の反応かと思うと、面白すぎ。

今日の歩数:3000歩

|

« ボンヌとしゃべる超初級フランス語(4) | Main | セネガル部分日食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たび日記 2006/3/27:

« ボンヌとしゃべる超初級フランス語(4) | Main | セネガル部分日食 »