« 久しく行っていない三宅島… | Main | 「世界名作劇場」の不条理 »

2006.06.09

Googleをかなり「冷静」に診ている

久しぶりの、一行書評シリーズ。

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する
文春新書

溢れるほどあるGoogle本は玉石混交な気がするが、少なくとも私には、この本は「冷静」な気がする。とはいってもその根拠は私が使ってみて感じることに近いからに過ぎないのだが。いま子どもたちが「検索エンジン操縦デバイス」になってしまってゆくのではないかと、根っからの恐怖心で私は危惧している。そんな私にとって、この本は情報教育業界で「メディアリテラシー」と呼ばれることにもつながる視座を与えてくれる気がして、学生にも勧めてみたいと思わせる本だ。

|

« 久しく行っていない三宅島… | Main | 「世界名作劇場」の不条理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Googleをかなり「冷静」に診ている:

« 久しく行っていない三宅島… | Main | 「世界名作劇場」の不条理 »