« 大島篤「3DCGでよくわかる パソコン解体全書」(高陵社書店) | Main | 情報検索を学習場面で扱うことの学生なりの理解は »

2006.07.26

わがや2人で語った「ムスリム(シーアの人)」像

NHKクローズアップ現代
7月24日(月)
検証 陸上自衛隊 イラク派遣の900日

2人のこれまで出会ったイスラーム体験をもとに、かたりあった。


迫撃砲まで撃ち込まれるまでの経緯はだいたいこんな感じ。

・日本から軍人風の風貌の人々が来た

・アノ日本から来たのだから、喜捨をするor仕事をくれるに違いない

・宿営地のなかにこもっているみたいだ
・地域の公共施設の修繕など、小さな仕事しか来ない

・何を考えているのだろう
・不安だな
・あいつらだけまた、儲けて逃げやがるんじゃないか

・撃ってやれ

すくなくともわれら2人の間では、いわゆる「援助慣れ」的思考回路の人はおそらく少ないのではないか、という話になった。
待ち受ける側のムスリムも、「金を得るときにはその術を神に説明ができなくてはならない」というニュアンスの教義のもとで生きているから、「金くれ」(もちょっとはいうけど)ではなく、「仕事くれ」というはずだ、と。そのくらい「メンツ」にこだわる民俗でもあるはず、と。


まだまだ話し合ったが、もっと精緻化してから書こう。

|

« 大島篤「3DCGでよくわかる パソコン解体全書」(高陵社書店) | Main | 情報検索を学習場面で扱うことの学生なりの理解は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference わがや2人で語った「ムスリム(シーアの人)」像:

« 大島篤「3DCGでよくわかる パソコン解体全書」(高陵社書店) | Main | 情報検索を学習場面で扱うことの学生なりの理解は »