« October 2006 | Main | December 2006 »

2006.11.25

ナサケナイ三段オチ

授業にて。

講義第1回 うるさいといったら静かになった
講義第2回 うるさくするなら出て行けといったら本当に出て行った
講義第3回 うるさくするなら出て行けという前に「帰って良いですか」と言ってきた

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.15

ヘリポート紹介:神戸へリポート

けっこう大きい。
神戸空港敷地内に引っ越すとか。
えーっ、それはまずい。これだけ医療機関に近い位置にあるのに。

(兵庫県神戸市中央区)
リンク: ヘリポート loc: 兵庫県 - Google マップ.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エレクトロニクス情報誌 EE Times Japan を購読開始

EE Times Japan
エレクトロニクス系の雑誌で、昨年からで始めたらしいです。
ふとしたきっかけで知りまして、購読開始しました。

雑誌なのに、 電子立国・日本の自叙伝 、です。ほんと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.12

ヘリポート紹介:群馬へリポート

(群馬県前橋市)
リンク: 群馬へリポート - Google マップ.

このヘリポートから成田空港行きのチャーター便がございます。
一度、使ってみては?(凡人には無理だって)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘリポート紹介:三宅島・三宅中学校

私も何度か行ったことがある三宅島。三宅島空港は天皇皇后ご夫妻の行幸でも使われたので有名だが、三宅中学校のグラウンドも、ヘリポートにしてあるようだ。

(三宅村)
リンク: ヘリポート loc: 三宅島 - Google マップ.

ご苦労がしのばれる。頑張って。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘリポート紹介:東京へリポート

たぶんこれが東京で一番有名なのだろう。
東京へリポート。さすがに規模がでかい。

(東京都江東区)
リンク: 東京へリポート - Google マップ

ここを起点にする遊覧ツアーが出たりする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘリポート紹介:防衛庁

防衛庁の中には、本庁舎に2箇所も、ある。さすが。

(東京都新宿区)
リンク: 防衛庁 loc: 東京都新宿区 - Google マップ.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘリポート紹介:六本木ヒルズ

続いて、六本木ヒルズの森タワーのてっぺん。

ま、あれだけ高いビルであれば、火災の救援・避難などで、ヘリポートは必須だろう。

(東京都港区)
リンク: 六本木ヒルズ loc: 東京都港区 - Google マップ.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘリポート紹介:セルリアンホテル東急・東急セルリアンタワー

(東京都渋谷区)
東急セルリアンタワー
リンク: 東急 セルリアン loc: 東京都渋谷区 - Google マップ.

ホテルの上、というのは普通ホバリングスペース。なかなか金を掛けていて、すごい。こういうのは隠れたCRS(企業の社会的貢献)だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘリポート紹介:第一東運ビル・芝浦ヘリポート

突然だが、ヘリポートの紹介をしていこう。

ヘリポートは、意外と少ない。
屋根のてっぺんに平べったいところが作ってあれば全部ヘリポートかといえば、さにあらず。
実は「ホバリングスペース」という似て非なるものがあり、そちらは「真上で飛んだままじっとできる場所」。
ビルのてっぺんに作っても、ビルの耐久性がそれほど問われないので、大規模なオフィスビルの上とか、ホテルの上とか、科学館の上とか、結構ある。
乗り降りは飛びながらになってしまうので、高齢者が落ち着いて乗り降り、とかは無理。
意外にも、病院なのにホバリングスペースしかない場合も、ある。
屋上からは「 R 」 の文字が目印。

ところが、ヘリポートは、屋上に作った場合、建物に耐久性が相当要るため、ぐっと数が少ない。
屋上からは「 H 」 の文字が目印。

(東京都港区湾岸)
第一東運ビル・芝浦ヘリポート
リンク: 第一東運ビル loc: 東京都港区 - Google マップ.

所有者も都心唯一、と相当自慢している

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.07

WBS STOCK 2006/11/07

(1)(2)どうなる 次世代ネット  ソニー出井会長
ソニー出井伸之会長に次世代ネットワーク(NGN)についてインタビュー。
セキュリティと「ネットワークの監視体制」を強化しつつ、インターネット/携帯電話/放送/固定電話、といった従来のネットワークインフラが「全部つながる」、言い換えると「何がどこにあるか」を統合的に扱えるようにする技術として提唱。
英国では、自宅内では無線LAN、自宅外では携帯電話回線に接続するものが登場。
これまでのインターネットとの違いは、「何がどこにあるか」を示す管理情報が集められること。たとえば電話は相手に確実につながり、邪魔が入らないが、高価格で速度も遅い。インターネットは高速大容量通信が行えるがセキュリティ問題がある。インターネットのよい点を維持しつつ、従来のインターネットの「管理情報が実質的にない」ことを改善しようとするもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.06

WBS STOCK 2006/11/06

(1)人材確保のために
人材不足としごとの変化のなか、
たとえばパソナスポーツメイトはアスリート限定の人材派遣を実施。

(2)トレンドたまご1939 太陽電池で充電器 三洋電機
おそらく世界初、とは三洋電機談。
もともと効率がよいことで知られる住宅用ソーラーパネルを採用することで性能を向上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.04

WBS STOCK 2006/11/04

(1)(2)新型インフルエンザへの不安 ウイルスワクチンは大丈夫か?
2006年10月末時点で鳥インフルエンザ(とり→ヒト)は152人死亡/256人感染・発症。
中国14/21、ベトナム42/93,カンボジア6/6、インドネシア55/72,タイ17/25、
アゼルバイジャン5/8、イラク2/3、トルコ4/12,エジプト6/15、ジブチ0/1
新型インフルエンザはヒト→ヒト、のこと。新型インフルエンザの爆発的流行(パンデミック)が危惧されていて万全の対策と、個人の冷静な対応が重要。
日本の厚生労働省は「対策本部」を2005年11月設置。たとえば厚労省は現在タミフルを750万人分備蓄、今年度に2500万人分に。
東京都はウイルスの特性を1日以内で調べられる機器を整備し、「水際」のための体制を整えている。
繊維業界では銀を利用して無毒化する技術を開発。看護師の衣服につかうなど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.03

WBS STOCK 2006/11/03

(1)ロボット産業・ロボット市場の現状と課題
11月3~5日 アキバ・ロボット運動会2006 商品化されたロボットが確実に増えている。
需要を決めて開発する、という、民生品の「基本ルール」がそろそろ必要にもなってきた。
例えば病院の案内役ロボット。監視役もするが、納入元探しに苦労した。
「いろいろできる」といわれてロボットを探し当てても、「実際には実用化には至っていない」という返答が多かった。
もっと情報交換が必要ではないか、とは病院談。ちなみにロボットの納入元は福岡のテムザック。
ぬいぐるみ型・二足歩行型と居るが、現実のニーズも負いつつ、いろいろな業界にロボットを持って行き、用途を探す必要がある、とはぬいぐるみロボット会社談。
テムザックは「量産して低価格化」「実用化するための耐久性・標準性・技術のこなれ具合」が重要。売れるモノを作っていくことがロボット専業企業は必要。身近なところから、ということか。

(2)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初「クラスJ」

縁あって過日、JALの「クラスJ」初搭乗。
座席はまあ普通のビジネスクラスっぽい。フットレストは確かに嬉しい。

1つだけおねだり。
1000円だから多くを求めてはいけないのだろうけど、
「ターンテーブル優先荷物出し」を、やってもらえないだろうか。
お願いだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.01

WBS STOCK 2006/11/01

(1)日経トレンディ発表の「ヒット商品ランキング2006」
2006年ヒットは堅実志向。「小粒ながら光るもの」。
2007年ヒット予想は2007年問題も頭をよぎる。特に1位は“抗疲労”元年。

(2)トレンドたまご1936 画像を地図メタファで整理するツール
画像データベースのインタフェース。京都大学。
多くなったデータを架空の惑星の地図メタファでワンタッチで整理。

(3)エンディングひとこと イノベーションの歴史
過去50~60年の大きな景気の波があることが記録されている。
2度の産業革命、3度目が機械産業・クルマ、4度目がエレクトロニクス・原子力・IT。
来年あたりに「次」の波が来るかも?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »