« JAL誕生日割引、終了 | Main | P2Pの無料テレビ会議システム »

2007.01.30

タンザニア大統領

日経1月29日朝刊5面。キクエテ・タンザニア大統領。

「ODAよりも、民間企業に来てほしい。民間企業の活力が一番良い」、
「先進国の農業保護行政で途上国の農業が崩れる」、と。

前者については、
ODAの無償援助は「紐付き」、貸与は「借金」を意味し、外交の問題であるのが、
税金を自国で取れば、金の回り方だけ注目すれば、内政になり、自立を促す。
ただし、現地雇用の職業人の質も問われる。勤労意欲が高くて、コストが安ければ、
どこにだって企業は来る。そういう人材が育っているかがカギ。

後者は、
たとえば先進国の酪農家を保護して牛乳を生産し、
安全性の高い工場でロングライフ牛乳にして途上国に売れば、
細々と乳搾りする国はいちころ。
関税で対抗しようとしたら「援助漬け(あるいは『餌付け』に近い?)」のせいで
締め上げられてしまい抵抗できなくなるのが現状。

これらのことは、その国によほどの自信がない限り言えない。
こういうレベルの人材を抱える国になれて、そんな人材を投票で選べたことを、
選んだ国民自身も、喜んでほしい。

そして、教育の力と重要性に、改めて思いを致す。

|

« JAL誕生日割引、終了 | Main | P2Pの無料テレビ会議システム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タンザニア大統領:

« JAL誕生日割引、終了 | Main | P2Pの無料テレビ会議システム »