« January 2007 | Main | March 2007 »

2007.02.27

02MAR07-12MAR07: NRT-CDG-BCN-CDG-AMS-NRT

国際会議発表が主目的です。
WEBIST 2007 http://www.webist.org/

02MAR T AF 277 NRT2155 CDG0425+1
03MAR E AF1048 CDG0640 BCN0825
07MAR E AF2049 BCN2030 CDG2225
08MAR T AF2140 CDG1730 AMS1850
11MAR K KL 861 AMS1520 NRT1050+1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ほんと、MS社は…(苦笑)

Windows Media Player 11のダウンロードを…と思い作業を始めたのだが、もうほんと、笑うしかない。

Whichispreferredまず、ごく一般的なユーザーは「自分の使っているOSが32ビット版なのか64ビット版なのか」と問われ、どのくらい理解していると思っているのだろうか。ブロードバンド全盛なんだからデュアル対応のインストーラにするとかやればいいのに。せめて「え? そんなこと知らんねんけど」というユーザのために見分け方を説明するとか、すべきなのでは。
もうこの時点で、ソフトウェアのインストールはある程度の知識を要求する作業になってしまうだろうに。ということで、こんどのバージョンは一般ユーザへの普及は目指していないらしい。

Explaininadvance試しに64ビットOS用を取ってきてみると、なんと「使用許諾契約書に同意した後」に、このバイナリは使えない、と。なぜこのタイミング?! いくらなんでも「使わせていただきます」と相手が軍門に下った後だなんて。そりゃあんまりだ。

Whocanunderstand気を取り直して32ビットOS用をインストールし始めるが、相変わらず「相手の理解を到底求めようとは思っていない説明」。
おいおい、「オプションを構成できます」だなんて、そんな求めた覚えもないことを「できます」って言われても(苦笑)。
それに、いま自分は「Windows」そのもののアップグレードをやってんのか? ま、ブラウザとOSを一体化させて独占禁止法で一悶着やった会社だから、このへんはお手のものなのか(皮肉)。

まだどんどん続く。
Windows Media Playerでは、オーディオ再生中に謎のいろんな模様を自動生成し画面表示する、「視覚エフェクト」という機能があるが、あれを抑制しようとメニューを漁ってみた。が、例によって(苦笑)「ツール」の「オプション」メニューを探しても、それらしい場所が見あたらない。
Whocanfindoutヘルプをみると「『プレイ ビュー』なるものを探せ」という。それはボタンであり、プルダウンメニューをたどれということか。このへんを「推測」しないといけない説明をよこすところがこの社の「らしさ」というか、「真骨頂」である。
が、Windows Media Player 11を初めて起動したときのウインドウにそのようなタームは見あたらないため、その「プレイ ビュー」という語彙をヘルプで検索したが、なんとこれが見あたらない。

Whatmodeiamどうやら、Windows Media Player 11を初めて起動したときのウインドウは「スキン モード」なるアピアランスで、ほかに「フル モード」というものもあるらしいことを、「表示メニューをたどることで知らされる」。このくらいのメニューの探検は先にやってみてから使い始めろ、という意味の『トラップ』なのだろうか。

Thatisplayviewそんなわけで「フル モード」なるものに切り替えたところ、ようやく「プレイ ビュー」とかいうボタンが登場。とはいえ、この「プレイ ビュー」なる言葉が何を意味するのかわからないというところも、このソフトウェアのミソ(鬱)。そんなこんなで、ようやく、視覚エフェクトを抑制できた。
え、もとの「スキン モード」とかいう画面表示の状態では視覚エフェクトを抑制できないのかって? もちろんダメに決まってるじゃないですか!(大爆笑)

そんなわけで、他にも、「ツール」の「ダウンロード」に「スキン」というメニュー項目があるので、Playerの見た目を変えることができるのかな?とアクセスしてみたらダウンロードWebサイトがいきなり英語でお出迎えくださるなど、ほんと、おもしろさには事欠かない。日本語サイトのスタートが間に合っていないだけかもしれないが、ユーザへの利便性をちょっとでも考えるのであれば、日本語サイトの開設というサービスを無下にしてはならないのではないか。

あ、そうそう、この「ワケのわからなさ」のおかげで学校では「パソコンの操作方法」の授業が必要になる。食い扶持を提供くださるわけなのだから、ここだけには謝辞を申し述べたい(超皮肉)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.24

超伝導材料データベース

超伝導材料データベース.

物質・材料研究機構のサイトにあった。こりゃすごい。

例:CBYOセラミックス超伝導体が載っているところ。


自分用メモとして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.21

SkyTeam GOLD

Flying Blue (SkyTeam) Gold ( valid until March 2008 )のカードが、届いた。
てっきり来期は Silver だと思っていたので、ちょっと意外でうれしい。

2006履歴:
04JAN-06JAN FDF=ORY...CDG=NRT ( AF )
22MAR-31MAR NRT=CDG=MAD=DKR=MAD=CDG=NRT ( NRT=MAD:AF, MAD=DKR:IB(非SkyTeam) )
22MAY-30MAY NRT=CDG=DKR=CDG=NRT ( AF:マイル使用[クラスC] )
10SEP-15SEP NRT=EWR=MDW=EWR=NRT ( CO )

なお、Flying Blue・非フランス在住者は 40000 miles or 30 flights でGold。
でもたぶん上記は、40000に足りない気がする。
( www.etour.co.jp によると 10470+13716+14916 < 40000 。 )

それでもGoldくれたのは、たぶんフランスだから。:)

引き続きラウンジには「ゴチになりますっ!」「CDGのシャワー使わせていただきますっ!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.15

公立教員給与制度のこんご

中教審の小中高の分科会のなかに、(主に公立の)教員給与制度のこんごについて議論しているところがある。
(初等中等教育分科会 教職員給与の在り方に関するワーキンググループ)
これがまもなく答申をする

意外に「民間のサラリーマン」の人たちに知られていないのだが、教員給与の大原則に「残業手当がない」というのがある。
「自主的・創造的に残業するから」というのが主な理由。公立教員の場合、一律に「教員割り増し」みたいになっている。このためか、教員は民間の社員さんでいうところの「裁量労働制」のような感覚か。

この制度を変えようとするところまでは意見が一致していて、ではどう変えるかという議論がまとまりつつあるらしい。そこで「職制・仕事量負担に合わせて差をつけた割り増し手当」と、「一般企業的な残業手当制度」のどちらかの両論が出ているらしい。

誰がどのくらい仕事をしているか――。教員の仕事は、本当に計りにくい。

心配になるのが「一律はダメだ」「財政健全化」の総論にかこつけて、給与額が結果として減ってゆくこと。もともと教員は「金のドロドロしたところ」が嫌いだからやっている、という人もいるのも事実だ。しかしいまやどんな仕事も「人手不足」の感が否めない。職場環境の困難化・複雑化、強烈な変化のなかで、せめてものよりどころの「実入り」が減ってしまっては、本当にこの国が危ういと思う。
特に公教育。現代は「金が払える人は払う」の風潮が強まりつつあるので、余計に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.14

Windows Vista Upgrade Advisor

以前紹介した「Vista Readyかどうかチェックソフト」の、日本語メニューのものが公開されていた。

http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/buyorupgrade/upgradeadvisor.mspx

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ADSL速度替え

自宅のインターネット接続を、「47M」(なのに実測7Mちょっと)から「12M」に変更した。
さすがに下り(そと→自宅)は遅くなるのを覚悟していたが、なんと、上り(自宅→そと)が、上がった。

http://speed.rbbtoday.com/

【無線LANルータ経由(IEEE802.11g・54Mbps)】
SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2007年2月14日水曜日 11時20分11秒
下り(ISP→PC): 5.75Mbps
上り(PC→ISP): 995kbps

下りが、早くなったり遅くなったり、ちょっと変動が大きい気がする。遅いと4M弱。
変えてよかった。たぶん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.13

2日連続でバスに…

9/10日と、2日連続で、バスに嫌われた。

悲惨だったのが9日。深夜バスめがけて猛スピードで「後ろから」走ったら、5秒遅く、フラれた。
不織布のマスクをしていたせいで呼気が弱かったせいか、その後背面がものすごい激痛に。あんなの初めて。
次のバスまでの40分が待てず、強烈な痛みに見舞われながら徒歩帰宅。20分くらいは、歩きながら時々止まって「いてててっ」とうずくまりながら、だった。
10日も、帰宅の終バスが1分15秒接続。こんどは「前から」猛ダッシュだったので、待ってくれた。
いつもいつも、こんな際どいことをしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.02

回線速度測定サイトの「アダルト化」

回線速度測定サイトの「アダルト化」が進んで久しい。た
広告サイトのリンクが、学校で扱う場合「めざわり」なのだ。

いま、著名なサイトで「アダルト・フリー」なものといえば、
RBB TODAY
http://speed.rbbtoday.com/
かな。

ちなみに、自宅はACCA 47Mなのだが、どうしようもなく遅い。

【ADSLモデム直結】
SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2007年2月02日金曜日 04時09分19秒
下り(ISP→PC): 7.44Mbps
上り(PC→ISP): 803kbps
【無線LANルータ経由(IEEE802.11g・54Mbps)】
SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)
計測日時 : 2007年2月02日金曜日 04時16分31秒
下り(ISP→PC): 6.83Mbps
上り(PC→ISP): 791kbps

数字が「微妙」である。
特に下りが8M・上りが1M出ないのであれば、大きな回線にする意味がない。
なので、eAccessの12Mbpsに乗り換えることにした。
が、その場合、実測がどうなるのかが先に分かるとうれしいのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »