« たび日記 2007/3/7 | Main | たび日記 2007/3/7 »

2007.03.08

Berlitz Word Traveler

Air France KLMの機内誌3月号によると。
Boeing 777-300(の長距離便だけだろうなあ)のパーソナルテレビで、4月からBerlitz提供の Berlitz Word Traveler という「機内語学講座」をやるらしい。すげー。

Air France KLMの機内誌は、フランス語・英語の併記である。
が、提供予定の言語リストが示してあるのだが、フランス語の本文中には「イタリア語」「日本語」が示してあるのに、英語の本文中には示していないのだ。

これの意味するところは。

日本語はマイナーだから。
日本語は難しすぎるから。
日本語は意図的に無視したいから。
日本語はほんとうのBerlitz講座のためにとっときたいから。…

ちなみに一覧は次の通り。20以上も提供するという。

アラビア語、広東語、デンマーク語、オランダ語、英語、
フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ヒンズー後、インドネシア語、
イタリア語、日本語、韓国語、マレー語、北京語、
ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、タガログ語、タミル語、
タイ語、トルコ語、ベトナム語。

オーディオ・映像を使ってインタラクティブレッスンが受けられるらしい。
機内誌に掲載のサンプル画面によると、

I speak ...
I wish to learn ...

と、母語と習いたい言語が選べるようになっている。
ということは、20以上の言語を、組み合わせで対訳を収録して提供するということだ。発音練習・テスト・ゲームまであるらしい。

ほんと、なぜ日本語は…。
ただの杞憂で、翻訳ミスであることを願うのだが。

たとえばBBC( http://www.bbc.co.uk/ )のサイトを見ると、20近くの各国語でニュースが読めたり聴けたりするのに、日本語は、ない。
ニーズがないのか。シーズもないのか。ポーズもとってもらえないのか…。悲観的になってしまう。

|

« たび日記 2007/3/7 | Main | たび日記 2007/3/7 »

Comments

ネットが快適につながるので確認してみたら、すでにJL・SQが導入しているらしい。すごい。

Posted by: mike | 2007.03.09 at 06:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10903/14186128

Listed below are links to weblogs that reference Berlitz Word Traveler:

» DILARANG MEROKOK [美味−BIMI−]
マレーシア看板シリーズです。。 これもよく見る看板ですね。                 DILARANG・・・ディララン・・・ダメ/禁止/禁じる              MEROKOK・・・・ムロコック・・・喫煙/タバコを吸う              ROKOK・・・・・・ロコック・・・・煙草(たばこ) ... [Read More]

Tracked on 2007.03.09 at 16:03

« たび日記 2007/3/7 | Main | たび日記 2007/3/7 »