« たび日記 2007/3/4 | Main | ガーナ建国50周年 »

2007.03.05

ここはFONの郷、といえども(バルセロナネット事情)

そういえばここスペインはFONの郷である。
だが、まだFONのアクセスポイントをホテルの部屋から捕捉はしていない。

そんなことよりも、このホテル自体のインターネットアクセスが悪い。

ホテルのWebサイトに自信を持って「インターネットアクセスあります」といっていて、室料が15000円を超えていれば、日本人の感覚だと、まぁ自室からブロードバンドができるだろうと思ってしまう。
が、ネットにつながったマシンが数台、中2階のフロアに置いてあるだけ。それも、速度は早くて100kB/sくらいか。
それでは無線LANは、と思ってフロントで尋ねたら、Telefonica のサービスがあるというのだが、24時間12ユーロ(1900円)で別料金。
さらに「電波の都合で、低層フロアだけご利用になれます。お部屋を変わられますか?」と。
そしてそのネットワークサービスが "ADSL Wi-Fi" と名乗っている。つまり光は来ていないのだ。スペイン第二の都市の中央駅の駅上に陣ずるホテルでさえ。
どうも中2階の会議スペースでの利用だけを想定しているらしい。部屋ではそんな仕事せずに寝ろ、ということか(苦笑)。


国際会議の実行委員会さんも別回線を引いてくださり、ネットルームを作ってくださったのだが、臨時のADSLかなにかを引いたのだろうか、みなでシェアしていることもあって、とんでもなく遅い。
3日に試したら、早くて15kB/s、遅いと5kB/sである。泣きそう。
今日5日になって試したら、下り(データをとる方)が100kB/s くらいにはなった。

そんなわけで、部屋からはダイアルアップ。

|

« たび日記 2007/3/4 | Main | ガーナ建国50周年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ここはFONの郷、といえども(バルセロナネット事情):

« たび日記 2007/3/4 | Main | ガーナ建国50周年 »