« 教育委員会にもの申すbyワタミ社長 | Main | WBS STOCK 2007/07/09 »

2007.07.07

WBS STOCK 2007/07/07

(1)
中国産食品をめぐる問題
残留農薬や生産過程の怪しい実態が報道されて久しい中国。富裕層の増加により、上海でも、従来品よりずっと価格の高い無農薬野菜・有機野菜への関心が高まっている。なんと上海のイトーヨーカ堂では、これらの高級野菜の生産履歴が、商品バーコードを機械にかざすことで画面で読むことができる等、食の安全に関する情報が得られるサービスが提供されている。
ところで、食の「安全・安心」というが、「安全」と「安心」は同じなのか違うのか。東大名誉教授唐木英明氏は、健康上問題のない「無毒性量」と、そのレベルよりもより低い「一日摂取許容量」の2つの値を境目に、低い方から「安全」「念のため危険と考える」「危険」の3つに分けて考えることを唱える。従来、違反が指摘されて法的に取り上げられて報じられるのは、「一日摂取許容量」を超えた残留農薬等の場合である。法令は、「危険」よりもずっと低い位置(たとえば100分の1)に「念のため危険と見なす最低ライン」を設けているのである。つまり、「法律違反」と「食べて危険」は、法令の定め方の事情上、別のものである。両者は分けて考えなくてはならないと思う、というのが、氏の説明である。
つまり「安全」は「科学的に決められる」ものである。法的縛りを作ることができる概念ともいえる。
その一方で、「安心」は「信頼できるのか?」という感情が含まれる概念である。「安全」と「安心」が混同している場合、「安全」のラインを正しくとらえていないことが多い。「安全」を巡る議論では「無毒性量」「一日摂取許容量」など複雑な言葉も出てくるし、摂取量と作用の関係など分かりにくい面もある。たとえば化学物質が「入っていれば危険」「入っていなければ安全」などと考えがちである。さらに生産国・業者・国の官庁などへの信頼感が低い場合、それらが組み合わさって、「安全ではない=安心できない」と直結して考えがちなのである。
いずれにせよ、関係者が「安全に対してコミットする」ことが「安心を得る」ことにつながるということを抑えておくべきである。

|

« 教育委員会にもの申すbyワタミ社長 | Main | WBS STOCK 2007/07/09 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference WBS STOCK 2007/07/07:

« 教育委員会にもの申すbyワタミ社長 | Main | WBS STOCK 2007/07/09 »