« July 2007 | Main | September 2007 »

2007.08.31

WBS STOCK 2007/08/31

(1)
金を使わない若者
大卒・新入社員世代が、金を使わない。堅実・質素で、「消費は無駄」。例えばクルマ需要の喚起をしたい(トヨタ自動車)、ゴルフ用品を買って欲しい(本間ゴルフ)、改装(日本橋三越)やそんな若者にあった商品展開の工夫(横浜ロフト・タカラトミー)などで、若者の消費をあの手この手で喚起しようとする。

(2)
毎秒60枚撮像可能な市販一眼レフ登場
野球・ゴルフのスイングなど、スローモーションのような撮像が可能になったデジカメが市販間近(カシオ)。

(3)
「手振り」の取引所が消滅
270年以上前の1730年、大坂に世界初(!)の先物取引所が設立されたころ、手信号で取引希望を伝え合おうとして生まれた「手振り」は、日本製のアイディア。コンピュータに置き換わり、ついに日本のすべての取引所から消滅。(中部大阪商品取引所)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.19

これは注目! ガムテープ文字。

めちゃくちゃ久しぶりにデスクワーク。ちょっと現実逃避していたら。いやぁ、びっくりしました。

新宿駅構内案内をガムテープで作り出したおじちゃんの「作品展」があるらしい。

で、コノ方、ここ最近、NHKTBSラジオ東京新聞と、取材まで受けているらしい。

涙出てきた。凄すぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

しかし、まぁ…>佐賀北×帝京

帝京の終盤・延長のスクイズ2回の判定(アウト)が、アヤシイ…。

ま、『帝京なんだから、ホームランとか、大技できちっと点を取れ!』という主審の意図ということか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007.08.16

WBS STOCK 2007/08/16

(1)
起業が減っている…
実績のある新興企業ではなく、技術やアイディアなどの将来性をもっている新興企業を上場させる新市場「JASDAQ NEO」を、JASDAQが作ろうとしている。東証マザーズを含めて、日本は基準が厳しい。市場参加者が少ないために値が揺れ動くことも多く、株価維持もままならない。日本企業ですら、ロンドン証取の「AIM」など他の市場を検討する(マンガ出版のTOKYO POP)など、国外に流れている。
お金の調達は、本当に難しい。自治体が支援して融資を受けても、その契約書の乙欄には、社長が個人保証のハンコを押す。ベンチャーキャピタルもまだ乏しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.15

WBS STOCK 2007/08/15

(1)
帰省にマイカー、が減少…そして「鉄子の旅」?!
まんが「鉄子の旅」にみられるように、女性の鉄道ファンや、鉄道の旅のニーズが増えている。

(2)
文化財をディジタルに
中国が、バーチャル「故宮」をつくって、世界各地で見せるという取り組みをしている(凸版印刷が協力)。撮像技術の向上により、より忠実にディジタル記録することが可能になってきた(コニカミノルタ、熊本県立装飾古墳館、東京大学大学院情報学環)。
また、実物に近い形でディジタル化することで、商品デザインに利用する(大日本印刷)など、過去の遺産の利用可能性が広がる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.14

WBS STOCK 2007/08/14

(1)
知的に過ごす夏休み
ユネスコ世界遺産にからんで、石見銀山・富岡製糸場にはガイドツアー目当ての観光客が多数。「観光地化されていない」ところが魅力である一方、食事する場所の確保すら難しいところも。

(2)
子どもの職場体験
CSR目的の子どもの職場体験も盛ん。親子の体験会(三井住友銀行)、職場見学プラス取材と発表会(ニチレイ・キッザニア東京)など。

(3)
教師も民間主導の研修会で研さん?!
信頼されている教師は強い…はずなのに、子どもの引っぱり方にとまどっている先生が多い。企業がそれをてこ入れしようという動きが盛ん。
指導法の直接的な講習会(早稲田アカデミー)、一般職業体験の場の提供(松下電器リスーピア)、子どもへの長期学習プログラムの提供(セコム・サントリー・セイコー・日本交通ほか)など。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.11

WBS STOCK 2007/08/11

(1)
出国ラッシュとともに「いざ日本へ」
ことし6月までの半年間の訪日外国人数は、前年比12%増の3946千人(国際観光振興機構(JNTO))。多い順に韓国、台湾、中国。
いま、外国人のお目当ては「ちょっと珍しいニッポン」。
たとえば香港から夕方に着いた団体観光客の最初の行き先はお台場DECKS。その後銀座博品館・FANCLハウスと、観光プラス買い出しツアー、だったり。他にも、台湾からJUSCO成田へ直行、とか。
他には、台湾・香港・韓国の個人観光客にインタビューすると、「表参道」「自由が丘」「裏原宿」が良かったと、まるで日本人と同じ。細かい情報をキチンと調べて来る外国人が増加しているということか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.10

JISS0026:2007「公共トイレにおける便房内操作部の形状,色,配置及び器具の配置」

JIS規格の名前は法律並み。いつもえらく難しい…が。
言いたいことは
「手をかざしての流水操作、シャワートイレなどの操作パネルは、紙の上に配置しましょう」
「非常呼出ボタンはそれら操作パネルから離しましょう」
「ボタンは○○mm~○○mmの直径の円か正方形でつくりましょう」等。

インタフェース設計には、とても大事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自宅で「みっくちゅじゅーちゅ」を作ったら…

自宅で「みっくちゅじゅーちゅ」(ミックスジュース)を作った。

材料(コップ2杯・350ml)
牛乳 100cc
バナナ 1/2本(10cmくらい)
みかん(缶詰) 3~4切れ+シロップ
白桃(缶詰) 1切れ+シロップ
パイナップル(缶詰) 1切れ+シロップ
砂糖(スティック砂糖) 6g
氷(冷蔵庫で製氷) 3個(お好みで)

出来るだけ短い時間、ミキサーに掛けてできあがり。


…で。作って飲ませたら曰く。

「中東の『コクテール』と同じじゃん。」(笑)

そこから類推されること+思い出したこと。

○みっくちゅじゅーちゅは中東でも必ず売れる。ただし商売敵多数。
○中東の『コクテール』は、たとえばヨルダンではビール大ジョッキサイズで170円ほど。
○中東の『コクテール』の方が、もう少し甘かったはず。
○みっくちゅじゅーちゅに「ドネルケバブ」を合わせると中東で売れるはず。
○みっくちゅじゅーちゅに「ナッツ」を合わせると意外と旨いはず。
○日本のみっくちゅじゅーちゅか、中東のコクテールのどちらかが、作り方のアイディアをもらったのではないか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.08.09

WBS STOCK 2007/08/09

(1)
ニッポンの純国産資源「マグマ」
火山マグマの地熱・熱水は、地球が生きている限り続く、火山国の純国産資源。
効率的・高温な地熱を掘りあてられるかどうかの「リスク」があるが、100度程度の低温の熱水でもペンタン(C5H12・沸点36度)を熱しタービンを回すという、二番煎じ(失礼)ならぬ「バイナリー発電」で利用が可能。
日本の地底・海底には、他にもメタンハイドレードなど、さまざまな資源が注目できそう。

(2)
画像認識技術を使ったインスタレーション
例えばインスタレーションで掌に絵を映し込むためには、ビデオカメラで撮った画像から掌を見つけることができなくてはならない。撮像の画像処理技術の向上で、両手にそれぞれ画像を映し出し、手と手をあわせると画像が合体!といった操作ができるようになった(NTTサイバーソリューション研究所)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

情報モラル授業サポート

NCTDの新サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.07

WBS STOCK 2007/08/07

(1)
ディジタル複合機でゲームができる?!
コピー機にイラストを読み込ませると、そのキャラクターのイラストの「出来」でレベルが決まり、対戦型ゲームができるという、おあそび(リコー)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.06

WBS STOCK 2007/08/06

(1)
大学の生き残りをかけた動き
18歳人口が減る限り、選ばれた大学を目指さなくてはならない。
4~6日(土日月)で、全国のおよそ300の大学でオープンキャンパスが開かれた。
地方大学の東京オフィスや、海外大学留学を目指す人の動きが増えてきた。
一方、国内の大学の連携・合併も、ついに動き始めた。
どんな大学を目指すか、方向性を持ったアピールが求められているといえるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

この休みは珍しく…

珍しく、直前に円高…な気がした。
休みの時期の直前2週間は、どうも円安(旅行に出ようとして直前換金すると損)な気がしていた。

なので、年末・GW(~5/5)・夏休み(~8/15)で調べてみた。
http://www.miller.co.jp/kmp00/visitor/apps/cgi-bin/cv0cht00.cgi?code=500&div=I

02末 円高↑

03春 円高↑
03夏 円安↓
03末 円高↑

04春 円安↓
04夏 円安↓
04末 円高↑

05春 円高↑
05夏 円高↑
05末 円安↓

06春 円高↑
06夏 円安↓
06末 円安↓

07春 円安↓
07夏 円高?

うーん、気のせいか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.04

WBS STOCK 2007/08/04

(1)
火星探査衛星打ち上げ
米国が火星探査衛星を打ち上げた。順調にいけば来年、生命の可能性・痕跡を探る無人探査が行われる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.03

WBS STOCK 2007/08/03

(1)
最新・クルマの安全技術
ボンネットの改良、データ収集用ダミー人形の改良、安全運転の啓蒙・教育のためのデータ収集システム、アルコール・インターロックなど、新しいクルマの安全技術が次々に生まれている。

(2)
ワークライフバランスって…
労働条件が必ずしも改善・好転してきたとはいえない、と『労働経済白書』がまとめた。
これから日本は『人不足』へと向かう。本当に総労働時間を減らしたりできるのだろうか…

(3)
「日本語に微笑む街」中国・大連はICT産業で日本との連携が密に
情報システム開発(ソフトウエア生産工程)は、「書かれていないこと・もの」がどうしても生まれる。ここを理解するには、文化の共有とコミュニケーションが必要。
同じ東アジアである中国・大連は日本語学習熱も高いほか、コンピュータ産業の高等教育が盛ん。ただし米国大手企業は規模の論理で寄付講座を設ける。ICTを巡る人材争奪戦は激化していく。ものづくりのカギはソフトウェア開発力だと感じさせる。

(4)
脚力をアップさせるロボスーツ
ほんの小さな力のかけ方で、前へ前へと歩くことができるロボスーツ(アクティブリンク)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.02

WBS STOCK 2007/08/02

(1)
個人投資家が生む円安
日本の個人投資家が海外での資産運用をすることで、国内で大きな影響力を持ちつつある。
番組がその根拠とするのが、この数字。
-----
すでに、日本の個人投資家の外貨建て投資額は40兆円に達し、この数字は
政府財務省(当時大蔵省)の2003年から2004年の莫大な額の円売り介入の総額35兆円を超えている。
-----
パソコンを使ってのアルタイムのFX(外国為替証拠金取引)など、
日本円で外国通貨を買ったり、外国の投資商品を買ったりする日本の個人投資家が増えている。
「日本円を売る」ため、価値が下がり、「円安」になるというもの。
ただし、本当に個人投資家だけのせいとは確認されたわけではないことの指摘と、
この流れが一旦「円高」に動き出すと「外貨で放っておくと日本円に置き換えた金額が減る」ことにより、
損をしないうちに外貨を処分しようとする人が急増し、一気に円高に振れる可能性があることの指摘がなされている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.01

WBS STOCK 2007/08/01

(1)
スマートフォン市場をめぐって
すし職人がランチ後にその日の収支管理をスマートフォンで記録…なんて時代になった。
在庫管理として、持ち歩けるグループウェアとして、と広がりを感じさせる。
一方、超小型パソコンも動きが盛ん。500g台のWindows Vista搭載機も出てきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »