« アフリカ・中南米食糧輸入国が「食料サミット」で疑っていること | Main | 日本人って、やっぱ… »

2008.06.10

いや、そうも言いたい気持ちは分かるが、それは…>「官僚のタクシー券、全廃しては」

「官僚のタクシー券、全廃しては」
http://www.asahi.com/politics/update/0609/TKY200806090188.html

公務員定数を法律で相当徹底的に人数制限しておいて、それでもってこっちを絞ったら、一種職やる人、本当に居なくなるよ。
労働時間という問題も意識しているかなぁ。で、対処療法的に非正規雇用を増やすだけになったら、他の施策と矛盾なので問題だってことも意識しているのかなぁ。「ほんまあいつら、ええ目に会うてるなぁ」って攻めやすいところを攻めてるだけな気が。

夜型勤務を改善するほうが先」という指摘は、まだ当を得ている。あんたが9時スタート17時半終わりで「あとは検討してくれ」って仕事を振るから、こっちは10時スタート深夜終わりになるんだってば…って声も聞こえて来そう。

※もちろん、法的にも問題のある行為を肯定する意図はありません。

|

« アフリカ・中南米食糧輸入国が「食料サミット」で疑っていること | Main | 日本人って、やっぱ… »

Comments

全くですなぁ。叩くだけ叩いて、後は野となれ山となれ、では…

ただ、私は公務員になるまともな人間が0になって、国民全体が苦しむはめになっても構わないと思う。日本国民は自らそれを選ぶわけだから。思考停止してマスコミのヤジに同調した国民がどういう末路をたどるかは楽しみであります。

Posted by:   | 2008.06.10 01:12

コメントありがとうございます。

身近な人が「どうみても外交官の仕事なのに定数法のせいで生まれた嘱託職」に就いていたこともあり、思うところを書いてみました。

Posted by: mike | 2008.06.10 02:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いや、そうも言いたい気持ちは分かるが、それは…>「官僚のタクシー券、全廃しては」:

» 居酒屋タクシー問題の本質 [NAGISA TAXI Cruisin']
タクシー接待:国交省が事業者の調査へ   中央省庁の職員がタクシー乗務員から金品を受け取っていた問題で、国土交通省の峰久幸義事務次官は9日の定例会見で「道路運送法が禁じる運賃の割り戻しに該当する可能性があるものが含まれている」と述べ、タクシー事業者の調査に乗り出す考えを示した。  峰久次官は監督官庁の立場から「遺憾」と述べた。現金など明らかに割り戻しと判断できる場合には、道路運送法に基づき、車両の使用停止などの行政処分や、罰則(100万円以下の罰金)を適用する考えを示唆。ビールやつ...... [Read More]

Tracked on 2008.06.11 14:27

« アフリカ・中南米食糧輸入国が「食料サミット」で疑っていること | Main | 日本人って、やっぱ… »