« なるほど、それであんなに簡素な作りだったんだ>お台場パレットタウン | Main | WBS STOCK 2008/07/30 »

2008.07.29

エミリー・ウングワレー展 2008/07/28

最終日駆け込み
このアーティスト、アボリジニーであることとともに知られている。

抽象画を見に来たはずだが、彼女には確実に対象物の実体がある。このことから、意味を探ろうとしてしまうのに気づいた。でも、解説されないとわからない。

作品づくりのスタートはバティック(ろうけつ染め物)。強烈に大きな反物をどんどん染め抜く中で感受性が花開いたのか。
その後カンバスを渡され、どんどん描いていった。
画家本人が美術界とほぼ触れずにすごしていったから、独特で特徴があるとされる。たとえば、サイン・揮毫が一つも無い。そんな習慣、彼女には関係ない。
独特の世界観を持ち、皆が彼女の絵をほしがるのに寄り添って、その世界観を伝えたいと一心に駆け抜けたのだと思える。

アボリジニー居住地域の祭祀用具等の展示もあり、世界観の理解を助けているのが、民族学的にもアプローチされる高い情報発信力を感じさせた。
日本が伝統工芸や独特の価値観を持つアートを伝えようとするとき、どれだけこのような工夫を込めることができているか。

外にでたときの赤坂へリポートの米軍飛行機がきわめて不粋。最低。

|

« なるほど、それであんなに簡素な作りだったんだ>お台場パレットタウン | Main | WBS STOCK 2008/07/30 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エミリー・ウングワレー展 2008/07/28:

« なるほど、それであんなに簡素な作りだったんだ>お台場パレットタウン | Main | WBS STOCK 2008/07/30 »