« ウズベキスタン爆発の続報 | Main | 文藝春秋2008年8月号『がん宣告 「余命十九カ月」の記録』を読み »

2008.07.16

文藝春秋2008年8月号『皇太子、雅子妃への手紙』を読み

「彼女は世界を見たんだね」
文藝春秋2008年8月号:茂木健一郎『「世界を見た」お二人に』中、知人(英国人)の発言を引用)

- - - - -

私は、妻に
「いっそ、一定期間、どこかの大使で赴任していただいたらどうだ。きっと本人なりにやり残したとお思いのこともあるだろうから」
といった。
「国連ニューヨーク代表とか、ウイーン代表とか、OECDとか。」

そうしたら妻は、
『雅子様が『行きたい』と選びそうなところは仕事が多忙を極めそうだし、逆に空いているところは雅子様が選ばれないのではないか』
といった上で、
『どこかの研究施設の研究員をなさるのはどうか』
と提案。

その後の会話。

「例えば?」
『行きたいところ。ハーバードでも、オックスフォードでも。』
「どっかがvisiting researcherにして、たまに行く、ってどうだ?」
『ああ、それは良いかも。』
「じゃあ、英国の、Royalなんちゃら系なところとかか?」
『あ、イギリスはだめかも。もしかしたら赴任したとき、いじめられたりとかしてたんじゃないかなあ。なんか。』

|

« ウズベキスタン爆発の続報 | Main | 文藝春秋2008年8月号『がん宣告 「余命十九カ月」の記録』を読み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 文藝春秋2008年8月号『皇太子、雅子妃への手紙』を読み:

« ウズベキスタン爆発の続報 | Main | 文藝春秋2008年8月号『がん宣告 「余命十九カ月」の記録』を読み »