« こりゃ、空港のラウンジみたいだ… | Main | バラク・フセイン・オバマJr.氏の就任演説 »

2009.01.21

ロバータ・エドワーズ、ケン・コール著、日当陽子訳『オバマ YES WE CAN!』(岩崎書店)

ロバータ・エドワーズ、ケン・コール著、日当陽子訳『オバマ YES WE CAN!』(岩崎書店)
http://www.amazon.co.jp/dp/4265820220/
http://www.amazon.com/dp/0448452340/

児童書だというので、読んでみた。字体は思いっきり「伝記」。小学生に向けた本ということもあり、国の事情やオトナの常識に疎くてもわかるように気遣いされている。当然だがあまり報道されない、政治活動を始める以前の生い立ちが詳細に説明されていた。
「非WASPでJFKに続き2人目・黒人で初の米国大統領」として受け入れられる人物の「条件」が揃っているような、そんな気がした。

こういう児童書が即座に出て、みんなが手に取るというさまが、まずこの国の政治というものの扱われ方の違いを感じさせる。そして今回の注目の度合いを、翻訳が出版されるというこの事実が感じさせる。

|

« こりゃ、空港のラウンジみたいだ… | Main | バラク・フセイン・オバマJr.氏の就任演説 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロバータ・エドワーズ、ケン・コール著、日当陽子訳『オバマ YES WE CAN!』(岩崎書店):

« こりゃ、空港のラウンジみたいだ… | Main | バラク・フセイン・オバマJr.氏の就任演説 »