« January 2009 | Main | March 2009 »

2009.02.27

なんで世界中でこれだけ普及している "Blackberry" が、日本だけ1週間で販売見合わせなの… >docomo

いやはや。
キーボード部分が発熱」とのことなのだが、なんで日本だけ…と思うとき、もしかしたら「日本人、気にしすぎ」なのか…とか。あとは日本の無線のルールや独自カスタマイズ(たとえばFOMAプラスエリア(800MHz帯)対応するカスタマイズを実施)が関与するとかなら分かるが、使用中・通話中ではなく充電中の問題ということだと、そうでもなさそうだし。
低温やけどでヤバイくらいの温度&持続時間なのであれば、もちろん気にしていいですが。

「docomo PRO series BlackBerry Bold」の一時販売停止のお知らせ
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/090227_00_m.html

「BlackBerry Bold」に発熱の恐れ――ドコモ、販売を一時見合わせ
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0902/27/news074.html

写真と動画で見る「BlackBerry Bold」
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0810/02/news112.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.26

UQ WiMAX サービス開始

いわゆる「WiMAX」(わいまっくす)の日本でのサービスが、本日開始。

UQ Communications
http://www.uqwimax.jp/

PHSもハイスピードFOMAも…多くの会社が戦々恐々。どうなることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.24

『教員免許状更新講習』を担当させていただくことになりました

『教員免許状更新講習』を、担当させていただくことになりました。

平成21年度免許状更新講習の第2回認定について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/02/1245250.htm
(添付資料)免許状更新講習第2回講習一覧(選択)東京都~長野県
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/houdou/__icsFiles/afieldfile/2009/02/17/1245997_04_1.pdf

講習の名称:
「情報メディアの活用」
講習の概要:
昨今の子どもをとりまく情報メディアの状況や文科省「教員のICT活用指導力のチェックリスト」の示唆などから、授業・教育活動でICT(情報通信技術)活用についてとりあげることが求められています。本講習では、「情報モラル教育・情報通信技術の子どもをとりまく現状/個人情報保護(講義)」「情報通信技術(ICT)の授業・教育活用の技法(ワークショップ)」「教具・情報発信ツールとしてのコンピュータ活用(実習)」の3つのテーマを設けて、多角的に授業/教育活動でのICT活用の可能性について探ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「阪神なんば線」が近づいてきた

3月20日。たしかにこれで、便利になる。

阪神なんば線
http://www.hanshin.co.jp/nambasen/


阪神三宮=(阪神快速急行)=大阪難波=(近鉄特急か快速急行)=近鉄奈良

が(快速急行だと乗り換えなしで)80分940円(400+540)。

阪神三宮=(阪神快速急行)=大阪難波=(近鉄特急)=近鉄名古屋

が、近鉄特急の「4枚回数券」を買うと、約3時間3900円(400+3500)。
これも、どうしてもバスは苦手だけど新幹線(1時間半8150円)は高い…という人なら、けっこう使うんじゃないか。


たとえば三宮から奈良に行くとしたら、以前なら、

三ノ宮=(JR東海道線新快速)=大阪
大阪=(JR関西本線大和路快速)=奈良

で、75分1210円か、

三宮=(阪神特急)=尼崎
尼崎=(阪神西大阪線)=西九条
西九条=(JR関西本線大和路快速)=奈良

で90分980円。用事がJR奈良駅前だとかいう場合以外なら、もう使われなくなるだろうなあ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『へえ、ムガベって人望があるってことよね』

ジンバブエ、"軽く政権移行を演出"してみました』を書いたところ、家のなかから指摘があり。

『「ウズベキスタン爆発の続報」のエントリ中に書いてある
 「アフリカは長期政権ばかりだから、アフリカ連合(AU)はムガベにツッコミが入れられない」
は、的確ではないかも。』

師曰く。
『アフリカでも、「ほんとうにこれは違う・間違っている」という場面では、仲裁者が出てきて間に入る。』
『そうでない場合はツッコミが入らない。また「アフリカ目線でオカシイ」という場合はもめごとに仲裁が入るが、「欧米的にオカシイ」に過ぎない場合は、むしろ当事者とされる人物が援護されることもありうる。』


この例として示してくれたのが、セネガルとガンビアの間であった出来事。
Gambia acts to end Senegal feud
http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/4310520.stm

時は2005年8月。同年9~10月のラマダン(イスラム教の断食月)の時期と重なるなかでの出来事。
ガンビアは、セネガルに南北をはさまれた国。セネガル人がこの南北を行き来する場合、ガンビアに入国し、さらにガンビア国内を横断する川を横切っていくことになる。このガンビア国内のフェリーの代金が物価高を理由に、突然約2倍になった。
交易にもこのフェリーを使っていたセネガル人は大激怒。利用をボイコットしたり費用支払を拒否したりしはじめた。ガンビアも実はセネガル人がフェリーを使ってくれないと収益的にはマズイので、両国がともに経済的ダメージを受ける結果になってしまった。
そこで10月初旬、近隣・ナイジェリアのオルセグン・オバサンジョ大統領が「仲裁」に登場。ガンビアには値下げを、セネガルにはボイコット中断を、それぞれ持ちかけ、状況を収めたのだという。

で、ここ1年のジンバブエの状況(2008年4月大統領決選投票→ムガベが敗北を認めず大統領居座り→西側諸国が大批判→10ヶ月かけてムガベに勝ったとみられる(対立相手だった)者を首相に据える)については、こういうことだという。

『決選投票でムガベが負けたというが、AU(アフリカ連合)諸国(の少なくとも首脳たち)は「それは西側のリクツ」と捉えているのでは。』
『ジンバブエが現に究極的な経済不安になってしまってはいるのだが、「選挙」が「西側の演出」とみなされているもとでは、AUはそこに同調はしない。むしろムガベはAU諸国から人望を集め、支援されることになる。』
『チャンギライ氏が首相に座るのに10ヶ月「も」掛かった、といいたくなるのは「西側の感覚」に過ぎないかもしれない。単にアフリカだから時間が掛かっただけかも。』
『ムガベがときの欧米の香りのする政権を倒していまの地位を得たのも事実。これだけの経済状況下でも、その功績を無視できないと考えたり、年上の者・高齢者を敬うアフリカ諸国のお国柄から、強く責めることが難しいのかもしれない。』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジンバブエ、"軽く政権移行を演出"してみました

以前もココで私が書いた「政権崩壊"予報"」が、なんというか"誤報"になってしまった、南東アフリカのジンバブエ。
ハイパーインフレ+度重なる超大型デノミネーションでも話題になったジンバブエで、ムガベ大統領が在位のまま、野党として大統領選で『勝ったはず』のチャンギライ氏が首相の座をとる政権が誕生。

Morgan Tsvangirai sworn in as Zimbabwean PM (2009年2月11日)
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/africa/article5707746.ece

Zimbabwe 'unity' cash appeal poses dilemma for West (2009年2月9日)
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/africa/article5689483.ece

「国の融和」を演出してみせた格好。融和を実際に示せているかといえばまだまだ及ばないだろうが、今回のできごとだけでも、ここまでのムガベ氏のやっていることから見れば、たいした変化。

ちなみに、おなじくココで以前書いたが、アフリカは『長期政権』が非常に多い。彼も、そう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.16

電磁波が気になる人用(?)解析ソフト

電子レンジやケータイのSAR値(身体が電磁波にさらされることで、単位質量の組織へ単位時間に吸収されるエネルギー量。単位W/kg)が気になるという人が居て、いろいろ探していたときに発見。

伊藤忠テクノソリューションズ: MAGNA/TDM
http://www.engineering-eye.com/MAGNA_TDM/case/index.html
電子レンジ内の球状物体のSAR分布
http://www.engineering-eye.com/MAGNA_TDM/case/others/mw_oven.html

ついでにあといくつかのサイトを。

意外と知らない電磁波の影響
http://www.right-net.co.jp/super-concent/g_menu_2.html
イメージがわきやすい図が載っている。また、ここでも言っている「離れるとどんどん弱まる(=距離の2乗に反比例)」の大原則は、知っておくとよい。

電磁波《共存》リポート
http://www.denjiha.biz/report/ (トップページ)
http://www.denjiha.biz/report/0807/12.html (電子レンジ)
http://www.denjiha.biz/report/0806/post-1.html (携帯電話)
とても謙虚に、調べたことを書いておられるという印象がもてるサイト。

携帯電話の基地局(アンテナ)と健康
http://www.iftech.or.jp/cellular/health.html
海外FAQサイト(本家は閉鎖らしい)の英文和訳。

携帯電話機種別SAR値一覧表
http://ktai-denjiha.boo.jp/sar/sar_ichiran.html
ってゆっか、「基地局の下に住むハメになった」「大電力送電線が自宅の真上を通る」等の状況でなければ、耳元のケータイとか(あとはホットカーペットとか)の方が気にしたほうがずっといいでしょう、ってことで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.15

Obama's inarguration - France 24

オバマ大統領就任演説、がいろんなところに載っているが、ココはシンプルにサイトがまとめてあったので紹介。

Obama's inarguration
http://www.france24.com/en/20090112-barack-obama-inauguration-2009-usa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.06

Skype 4.0 Release

新しい画面は場所を取るから、いまのノートPCだと「クラシック」のほうがちょっといいかな。iChat なんかも意識したのかな、なんて気がする。

http://www.skype.com/intl/ja/download/skype/windows/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イランの人工衛星打ち上げ

いろいろ勘ぐってしまう人も多い話題。このWebサイトもきちんと報じているということの意味は。


イラン初の国産衛星打ち上げ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2009020405&expand

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.04

IE8 RC1 << FireFox

だっ、だめじゃんっ (^_^;) > IE8 RC1

JavaScript ベンチマークで、IE8がオープンソース系にボロ負けとのこと。
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20387238,00.htm

ところで、RC1に気がついたのは、お守りをしている 2003 Server マシンで ms サイトをみていたときのこと。
が、どうも同社Webページに出てくる IE8 についての表記がとてもアヤシイ。
「迷宮へようこそ」とは、よくいった!と笑ってしまったブログも発見。
http://cat-sushi.blogspot.com/2009/02/ie8ms.html

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.02.02

日経2009/2/2朝刊12面「地球の気候 当面「寒冷化」」

おっとっと…という記事。

アマチュア無線など短波・超短波の通信の業界では、「太陽黒点の活性化サイクルが鈍っている」ことも話題。
何世紀も続いてきた「最低から11年強おき」といわれるサイクルが、なぜか今回は12年以上たってもあがってこない。ここが気温と関係しているという、話。
しかし、先日の日経「経済教室」でこの黒点数周期が経済とも関連あるのではという仮説を紹介していたときは、もっとひきつった。

でも今回の記事も「長期的には温暖化だが」、直近は寒冷化、と断っている。これだけ化石燃料を取り出してるんだから、まあ収支としてはそうだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »