« September 2009 | Main | November 2009 »

2009.10.31

成田空港から東京方面に車で帰る場合に行ける「立ち寄り温泉」

すみません、興味本位な検索をやってしまい…
便利なのは、富里のもの以外はあまり無いかも。

(1)富里市 湯郷ななえ
http://www.yugo.co.jp/spa/nanae/
泉質:ナトリウムー塩化物強塩温泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・…
東関東自動車道「富里IC」からすぐ

(2)白井市 天然温泉白井の湯
http://shiroinoyu.com/
泉質:単純温泉
効能:疲労回復・筋肉痛・関節痛・…
「千葉北IC」から国道16号で北西へ

(3)印西市 天然温泉 真名井の湯 千葉ニュータウン店
http://onsen.nifty.com/cs/255/dtl/onsen006297/1.jsp
泉質:ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性高張性温泉)
効能:関節痛・神経痛・疲労回復・…
「千葉北IC」からまっすぐ北上か、「富里IC」から国道464号へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

たび日記 2009/10/30

明日(ってもう今日だけど)は飛行機に乗るだけで1日終わる(日付変更線を越えると31日が終わり)ので、旅をふり返ってみよう。

○バンクーバーは、ずーっと雨だった。市街のビルの展望台に登ってみようかとも思ったけど、やめた。ただ、到着してトランクを引いて歩いた27日と、今日郊外のレインフォレストに出かけたときだけは、奇跡的に曇り。
○ポスタープレゼンテーションは、けっこうしゃべりっぱなしだった気がする。また、その時に机に置いておいた名刺が、意外に捌けた。教育実践というよりは実践してくださった先生方を対象に行った調査の報告なので、この国際会議の中では珍しい方だったと思うが。こんご連絡がくるのかも。楽しみ。
○出席したE-Learn 2009は、システム開発や認知科学の要素のある教育工学研究よりも、大学での授業の改善や既存のシステムにどのような"知恵"や教育的なねらいを加えて使うかといった、実践をどう豊かにしてゆけばよいのかを語り合う場になっていた。中には「こういうことをしていこうと思うんだけど、意見は?」といったプランだけで来た…と、まぁこの手のものはどんなのに出席しても時々居るけど。
質疑で、「自分の大学では」「高校で聞いた例として」等の発言も多かった。
○食事は、ある程度お金を出せばちゃんとしたものが出る。Subwayのサンドイッチのように「何が出るか分かっているもの」もそれなりの価格で有って、よく言えば「選べる」。しかし今日の夜のタイ料理はガッカリだった。失敗。
○今日は「ハロウィーンまえ最後の平日」。午前中のホテルのフロントの若手女性2人は、ひとりが悪魔っぽいかぶり物をして、もう一人は厨房スタッフっぽいユニフォームを着ていた。一方、夜のフロントの年配男女2人は、ふつー。
街なか、オフィス街では、中世の騎士の鎧を着た人とか、ダースベーダーとかが、歩いていた。
夜は食事のために雨の街を歩いてみると、顔と服の上に血のりっぽいものを付けて歩いている人とか、いた。


ところで現地ニュースは、先日採火されたバンクーバーオリンピックの聖火が国内入りした

CTV Olympic
With glowing hearts we saw the flame rise
(2009/10/30)

ことが、大きく扱われている。
新型インフル予防接種をめぐる記事は、「オタワ州、次のワクチンが供給されるも間もなく枯渇」

The Globe and Mail
Ottawa got last-minute warning of shortfall in H1N1 vaccine
(2009/10/30)

とか、けっこうきな臭い。
「記者がトロントで6時間半並んで打ってみた」なんて記事も(記事への読者コメントで「誰だ、こんなバカな企画立てたのは」ってかかれている)。

The Globe and Mail
KIDS, INCLUDING MINE, ARE BEGINNING TO LOSE THEIR MINDS
(2009/10/30)


今日の歩数:14400歩

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新型インフル予防接種の副反応の現状はどの程度か

気になったので、確認してみた。

なんだかんだいっても、黄熱などとは異なる不活化ワクチンなわけで。
直感だが、「ふだんのインフル予防接種と同程度」なのでは。

日経メディカル オンライン
新型インフルエンザワクチン接種後の副反応で32症例が報告
重篤の6例はいずれも回復・軽快

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たび日記 2009/10/30 朝

National Geographics の記者を長年勤めているという人が、いま喋ってる。

E-Learn 2009
Using Adventure and the Internet for Environmental and Global Education

タイトルに「教育におけるインターネット活用」と入っているものの、ひたすら自分が撮ってきた写真と逸話を話している。かなり気楽。ま、最終日の金曜日ですから。

しばらくしたらここに動画も載ると思うので、よかったら、どうぞ。

…あ、いま一瞬教育の取り組みを話した。で、また海と濫獲の話に戻り…Tunaの話で日本を引き合いに(出し方がちょっと(怒))。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.30

たび日記 2009/10/29

これまた、昨日に同じく、朝食のレストランでもらった現地新聞から引用。
Img_4652
(THE GLOBE AND MAIL, 2009/10/29)

例の"THIS IS IT"の大きな広告“っぽい”もの(苦笑)の真下の「トップ記事」が、
「インフルエンザ予防接種が処理しきれない」という医師の苦しみを伝えている。
鼻や口からの吸引タイプのもの、注射の場合などいろいろあるのだろうが、医師か医師の指示による看護師しか作業はしようがないだろう(国によって違うんでしょうが)から、本気モードで山のように来た場合の対応は、どこの国でも課題になるのだろう…ってことは日本も、と容易に想像させる記事。
現地テレビは「不足」まで、言っている。

CBC News
H1N1 vaccine clinics hit by 'pent-up demand'
こんな感じの列がいろいろ、確かにテレビで流れている。
(2009/10/27)
B.C. hit by swine flu vaccine shortage
バンクーバーを含むブリティッシュ・コロンビア州が「ワクチン不足」を伝えている。
(2009/10/29)

滞在はあと2日あり、新型インフルを気にしながらの仕事モード(ただし後半なので軽く気もそぞろ(笑))なわけだが、現地TVは一般向け新型インフル予防接種で、激烈な待ち列ができていることや、州によっては不足が心配し始められたことなどを伝えている。
でも、街なかでは“ぜったいに”マスク姿を見ない。
マスクについては「過信」が非常に問題であることは、日本ではどのくらい知られているのだろうか。
私が思うに、総じて見て、インフルに関する理解や意識が、かなり「いい感じ」の国に見受けられる。

しかし、待ち列が「病院の外」にまであふれてしまうと、もうこちらは朝夕は0度前後だったりするので、気が気ではないのは分かるが、この待ち列で寒風吹きすさむ中たたずんでいる方がカゼ(あるいは「ミイラ取りがミイラになる」の最悪の事態)の原因になるんじゃないか、と思える。

THE GLOBE AND MAIL
Ottawa says provinces to get less flu vaccine than promised
(2009/10/29)

今回の新型インフルに関する報道をいろいろ見ていると、たとえばアメリカはアンケートをとると「予防接種は副作用が心配なので打たない」が40%前後いる

CNN.com
To vaccinate or not? Some wary on H1N1 choice
(2009/10/09)

など、かなり国による差(主にマスコミの情報の出し方が影響か)を感じる。なんでアメリカがこうなっているのかの文化・政治的背景までは想像が回らないのだが。


…で、国際会議と同時に、ぜひ行ってみたかった科学館 SCIENCE WORLD で、アウトリーチ活動について取材。
Img_0554
(外観を新交通システムの車内から)

飛び込みなのにちゃんと対応していただき、いい話が聞けた。

で、買い物モードにも入り始めた(苦笑)ので、かなり歩きまくった。

今日の歩数:19400歩

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.29

たび日記 2009/10/28

朝、たまたま朝食のレストランでゲットした新聞のこのHoroscopeに、めちゃ励まされた。引用。
Img_4651
(THE GLOBE AND MAIL, 2009/10/28)

ポスターによるプレゼンテーションは無事終了。
プロジェクト評価の紹介をしにいったのだが、「我が国にも同様な取り組みがある」という情報とか、「日本でもそんな程度なの?」という驚きとか、もらった。

その後、現地でお会いした先生と夕食。

今日の歩数:7100歩

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.28

こっ、この値付けはすごすぎる…>United Airlines

もはや、『「乗って残そう、UAL」運動』の段階なのか!? 
北京・台北に至っては、空港使用料・燃油を加えても、JR東日本「土・日きっぷ」より安い。

United Airlines - アジア・ウェブ・スペシャル
http://www.unitedairlines.co.jp/local/japanese/PB/fares/asia_web_special.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「小学五年生」「小六」休刊報道

子どもたちの関心の拡がりと、他誌がそれを拾いまくる状況に、ついていけなくなったんだと思う。
ところで、プレスリリースが出されたはずが、それを同社Webでも、当の本人たちにも28日夜時点では知らされていないところが、なんというか。

しかし、報道が「小学六年生」と書いているのが、気になる。一応小学館は小学六年生という名前を小さく残しつつも「小六」という名前で販促してるんだから、尊重してさしあげたほうが。そういう「懐古心をくすぐる」ねらいが、いやだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『アフガンへの協力のあり方を変えて…』と言う人は必ず動向を追うべき、『米国・パキスタン』外相会談

…が、28日(水)にあった
出張中でBBCが見られるからこそきづく、日本にいて日本の報道だけだと極めて気づくのが困難であろう外相会談。Webをみる限り、パキスタンだということでCNNよりBBCの報道の方が若干、大きく、速いようだ。
しかしこの日に合わせて、大量死をともなうテロ事件がパキスタン・ペシャワールで起きた。亡くなられた方には極めてお気の毒だが、もうこれは「手荒いクリントン国務長官の歓迎」としか言いようがない。もう、なんて状況…。

日本の報道は(「憶測」の域に入るからという言い訳を伴うのであろうが)ほとんど言わないこととして、アフガンのタリバンに一番肩入れしてタリバンを「食える」状態にしているのはパキスタン政府、というのがかなり真実に近いということが挙げられよう。この記事を書いている時点ではまだWebには載っていないが、同じ28日に、オバマ大統領がアフガン・カンダハルへの増派を最終的に決めて具体的な人数の検討に入った、とBBCが伝えている(増派構想を伝えるCNN報道(2009年2月))。
米国はアフガンの状況をどうしたいのか、そのスタンスが明確なのは分かりやすいが、いずれにしても「引き際・引き方の検討」であるため、大変さを感じずにはいられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たび日記 2009/10/27

朝、エドモントンからバンクーバーへ移動。無事朝10時過ぎに到着。

が。

全然知らなかったのが、現地の「新交通システム Canada line」の開通。どうやら8月17日に開通したらしい。
自分は「国際会議会場のホテルまで空港バスで移動」したいと思っていた。荷物も大きいから。が、そのバスが見あたらない。そしてその後Informationに行って教えてもらってこれまたビックリしたのが、空港ホテル間のバスが完全に営業を終了したとの説明。こちらは9月30日付け。

確かに利用者がぐぐっと減る可能性はあるのかもしれないが、「歩かずにホテルの真ん前まで行ける」ことに魅力はそれなりにあるはず。そのバスの人たちの仕事は?とか、あっさりと切り替えてしまって市民は文句いわないの?とか、すごく気になった。
で、「ホテルの真ん前まで乗り物で行ってほしい」場合はタクシーのみ。新交通システムがC$3.75、バス(当時)がC$13.00なのに対してタクシーはC$40ほどを見込んで…と言われると、これはもうあきらめるしかない。結局、居ないバスを探してもたもたしたのと、『最後に徒歩』がついた分、バスで移動できた当時より、きっと到着までの時間が延びたのではないかと推測。CO2 Reduceには貢献できるかもしれないけど…と自分に言い訳をしながら、恨み節。

午後は国際会議。でも時差ぼけが続いてほとんど集中できず。一方、大学に残した書類仕事も猛スピードでこなす。あーあ、明日の発表が終わるまでは、こっちの夜に全然集中して寝られないか、な…。

今日の歩数:10300歩

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たび日記 2009/10/26

おじゃましている先生に、今日も1日、ご協力いただいた。
エドモントン市内の動物園を訪れた後、先生のお仕事場(大部分をE-ラーニングで進めている大学院の授業)のようすを教えていただくのと、協力して書こうと考えている研究発表の進め方の話しあい、をした。
ちょっとお買い物も手伝ってもらった。

夕食は和食。「Sushi Pizza」などというアヤシイ名前をみて「チェックしなくては!」と思って注文。出て来たモノを見ると、Img_4590円形の押し寿司。なぁんだ。
ごはんとネタの間のソース(敢えて“ソース”とかかせてもらう)があって、それがピザ風のピリッとした感じが、なんか、した。ちょうど、California Rollのすりつぶしアボカドソース(これも“ソース”とかこう)みたいな感じか。

一緒に食事した相手が、こんなエピソードを披露。
『ある日LAで食事をしていて、友達が「私もSushi食べたことあるよ」って言うから、「何をたべた?」と聞くと「California Roll」って返事されたことがあって…。「それは…」って言ってあげて…』
このヘンを、「(笑)」と思いながら「東京ではね、…」という情報(ただし、「=正しい情報」ではない。お互いの「寿司」「Sushi」はお互いに情報として相対化される)を伝えていくことで、互いの文化を認め合うことに繋がるんだと思う。
その後Pubに行ったころには時差ぼけで苦しみ、みんながしゃべっている合間に少し居眠ってしまう。ごめん。

が、その後、打って変わって、日本に留学したいという学生の英語推薦状書き。
しかし英語は大まかにだけかいて、その後その学生本人に思いっきりNative Checkしてもらい(汗)。

明日はバンクーバーに移動。

今日の歩数:16100歩

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.27

たび日記 2009/10/25(カナダ時間)

着いたところの時刻が、出発地時刻と比べて7時間近く戻る。Google Earthによると直線距離だと4600マイルあまりだそうで。

バンクーバー空港についた後乗り換え、エドモントンに。
エドモントンで、大学院当時からお世話になった先生と娘さんに迎えていただく。
で、まず夕食。明日は打合せ等で過ごす予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.26

これは有難い。バンクーバー(YVR)は…

バンクーバー(YVR)は、無線LAN(802.11g:54Mbps)が、タダ。
国内線搭乗前のフードコート内にコンセントつき机もあって、快適快適。

搭乗ゲートのディスプレイのスクリーンセーバーでも宣伝
Img_4578

それにしても、そと、寒そう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たび日記 2009/10/25

お仕事をいただき、カナダに初めて行くことに(バンクーバー・エドモントン)。例によって、たび日記を。

今日は、前日のポスター制作を終えて、直前準備。
○荷物詰め
○買い出し(訪問先宛おみやげ、機材消耗品をゲット)
○昼食
○どたばたっ、とリムジンバスに乗車
○ラウンジで、すこし、ホッと。
○出国
○搭乗。

特に焦ったのが、買い出し。印刷したA0サイズのポスターを入れる紙筒が、あの伊東屋銀座本店に行ったのに無いことが判明。「プラスチックのものですと、伸ばしてA0が納められますが…。」
そこで今回は、10cmほどはみ出した状態で、只今はこび中。

今日の歩数:11200歩(買い出しから~成田空港手荷物検査で歩数計を外すまで)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.19

ことしのCEATEC JAPANで一番「がっかり」だったこと

しょうもないと笑われてもいいから、言いたい。

ことしのCEATEC JAPANで一番「がっかり」だったこと。
…名札ホルダーがいきなり強烈に陳腐化して、オリジナルストラップではなくなったこと。

Img_4526


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »