« Yanai-san knows that, from that business, he will never make any profit. | Main | Office 2010 for きっず (アドイン) 配布開始 »

2010.07.21

「職場PC持ち出し禁止」と「生産性」、で思い出したのは東京都教員向け配布PCのこと

ITmedia の記事。情報漏洩等を不安がって「職場PC持ち出し禁止」する企業が間々あるが、生産性低下とからめて、そもそもそれでいいのか?の論点を整理している。

ITmedia:生産性低下とセキュリティ課題を解決するワークスタイル変革術~
ワークスタイル変革とセキュリティの両立:「PC持ち出し禁止」ルールの意義を再考する
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1007/14/news014.html

…で、これをみて思い出したのは、今年度から東京都学校教員向けに配布されたPCのこと。
1人1台配ったところまではともかく、なんでもその使途が「完全に」校務(事務処理)のためと解釈できるような状況のもよう。
きいたところによる、使用環境はというと。

○職員室教員机にワイヤで固定(持ち出し禁止)
○USBメモリ差し込み禁止(認識しないようプロテクト)
○データ取り出しに上長の許可(CDは焼けるので…)

まあ要するに「授業(授業準備・教材研究)のためには使うな」といっているようなもの。


すると、授業でのICT活用をこころみたい先生は、結局自分のPCを持ち込み。
しかし職員室には別の(授業のためにはほぼ使えない)ノートPCが机を陣取る。

…あ~あ、なんて低生産性(費用対効果)。


あと、一般の市民(保護者)にしてみれば、直感的にはまったく理解不能だろうと思う。

「1人1台PCあるのに、それを先生が授業に使わないって、どういうこと?」

だろう。「使えない」事情は”外野”には理解できない。だから「使わない」と受け止められる。

|

« Yanai-san knows that, from that business, he will never make any profit. | Main | Office 2010 for きっず (アドイン) 配布開始 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「職場PC持ち出し禁止」と「生産性」、で思い出したのは東京都教員向け配布PCのこと:

« Yanai-san knows that, from that business, he will never make any profit. | Main | Office 2010 for きっず (アドイン) 配布開始 »