« 社会主義国家の金融業に入り込むのは大変だったでしょう… | Main | 教員免許状更新講習 »

2010.07.02

日本国債の国内保有率、初の95%超え

95%、という数字に、ものすごく反応してしまった。

日本経済新聞2010/07/01: 日本国債、95%超が国内保有に
http://nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E1E2E2E1E38DE1E2E2E4E0E2E3E29F9FEAE2E2E2

95%, すなわち「統計的有意」である。もちろんこの場合は単に割合が95%なのであって、有意差検定して棄却の95%ではない。だがとにかく物事が、特別な状況=極端、であるとみなしてもよい水準の数字が、この「95%」の持つ響きである。日本国債の世間での扱われ方(保有状況)が極端に国内相手であるというわけだ。

記事はこの「統計的に特別な状況」を、「バランスが悪(い)」と、いっている。しかしそれだけなのだろうか。
統計的有意は、みんなが「等しくこの状況は特別」とみなすということだと思う。この数字はもとより、みんな=すなわち世界中がこれを「認識」してしまうことが、ものすごい意味をもつのだと思う。『特別さ』が、数字で裏付けられた形で世界に知れ渡るということだ。

日本の「特別さ」は、よくマスコミが自国を卑下するために強調する。でも特別であることが否定的であるかどうかは、そのことへの解釈の問題であって、一概に悪者扱いすべきでないと思う。
そこで考えた。「バランスが悪い」というが、もしかしたら「バランスが悪くなっている遠因」のほうが、よほど注視すべきなのかも知れない。この状況で「なんだか(まるく)収まっている(気がする)」のが、マズイかもしれないということだ。

売り買いできるもののはずなのに流動性が1億2千万人で閉じている。たったこれだけでもマズイ理由になり得るだろう。大変な事態を迎えた。

|

« 社会主義国家の金融業に入り込むのは大変だったでしょう… | Main | 教員免許状更新講習 »

Comments

外国人が相手でも、日本人が相手でも、「借金」という本質は変わらないと思うのですが?

Posted by: 小池水産 | 2010.07.03 22:07

そうです。そこは変わりません。
今回の95%というのは、『「だれが持つか」が日本だけは「統計的に特別」』ということです。

Posted by: mike | 2010.07.05 11:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本国債の国内保有率、初の95%超え:

« 社会主義国家の金融業に入り込むのは大変だったでしょう… | Main | 教員免許状更新講習 »