« July 2010 | Main | September 2010 »

2010.08.28

あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑~で『大学教員』

金曜夜の放送は『大学教員』だった。これまでに大学職員はあったが、大学教員は初めてのはず。
京大理学部助教・東樹宏和先生。大学院講義の様子や論文にまつわるインタビュー、屋久島・京都市内の森林での調査のようすなど。
http://www.nhk.or.jp/shigoto/zukan/247/top.html

再放送は以下の通り。
08/30(月) 後04:00→後04:25 NHKBS2
08/31(火) 後11:30→後11:55 NHK教育

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.27

みずほ銀行"へ"の振込手数料

みずほ銀行は「みずほマイレージクラブ」口座を持っていても条件がそろわなければみずほ銀行他支店宛振込手数料が無料にならない。メモとして。

ゆうちょ銀行から振込(他の金融機関口座への送金)
(3万円未満)
ATM/ゆうちょダイレクト 210円
窓口 630円
(3万円以上)
ATM/ゆうちょダイレクト 420円
窓口 840円

新生銀行から振込(新生スタンダード口座から)
新生パワーダイレクト(インターネット) 300円(月1回のみ無料)
新生パワーコール(電話) 300円(事前登録先のみ)

楽天銀行(旧イーバンク銀行)から振込手数料
振込(通常)
他行口座への振込/本人名義他行口座への振込
3万円未満:160円(税込)
3万円以上:250円(税込)

りそな銀行振込手数料
他行宛 100円(税込)

三菱東京UFJダイレクト(インターネットバンキング)振込(ホワイトステージ・シルバーステージ口座から)
他行あて
3万円未満 210円
3万円以上 315円

三井住友銀行SMBCダイレクト
パソコン(インターネットバンキング)/モバイル(携帯電話)/電話 自動音声
他行あて
3万円未満 210円
3万円以上 420円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

六本木交差点南西角のビルが年末竣工だって

レストラン「シシリア」の仮店舗で、聞いた。
『いつ頃戻るんですか?』と尋ねたところ、「11月か12月には帰れると思います」と、店主のおかあさんが、教えてくれた。
B1Fに「シシリア」、1Fに「アマンド」があった、例のビル。もうまもなくらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.25

ことしは「目黒のさんま祭り」「目黒SUNまつり」ができるのかな

…って、思う。
9月5日(日)は品川区側、9月19日(日)は目黒区側だが、今年の獲れ高の少なさは異常なようで、大丈夫かな、と。

目黒のさんま祭り
http://www.owarai.to/meguro/
目黒区民まつり
http://sunma.emeguro.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.17

KVS Availability Tool "Lite" Level が無くなる

航空券の予約クラス別座席空き状況が確認できるソフトウェアであった
KVS Availability Tool
の無償利用ライセンス
"Lite" Level
が、ついに、無くなった。最低US$20/6monthsから。

FlyerTalk: New KVS Availability Tool Is Here!
http://www.flyertalk.com/forum/travelbuzz/319244-new-kvs-availability-tool-here-213.html

強烈に国際線に乗りまくっていた2004~05年頃ころから、本当にお世話になりました…。


Liteユーザだった人は、日本のWebサイトで同じことをしたければ、Etour
http://www.etour.co.jp/
の予約クラス別空き検索(要ユーザ登録)を使うことになる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010.08.16

あいっかわらずだなぁ、もう > Windows Update

Windows 7 になっても、相変わらずだ…。
「オプション」で USB3.0 PCI-Express カードのドライバがダウンロード候補にあがっていたので、取ってきて再起動したら認識しなくなり…(苦笑)。

このサイトの記述とズバリ適合。助けてもらいました。

価格.com - 『Renesas Electronics USB 3.0 Root Hubについて』
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000073240/SortID=11766291/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.15

外貨小切手取立手数料

法人が名あて人(法人口座に入金)の小切手で、調べた。
意外と各社バラバラ。原則として「取引のあるお客様限定」が多い。
あとは日本円に戻した際の「為替手数料損」と、「振り出し元銀行の取る手数料」が、引かれる。


足利銀行:1500円+600円
http://www.ashikagabank.co.jp/service/foreign/gaikatoritate/

新生銀行:4000円~(新生は法人口座開設だと支店が限られるため難しい。昔は2000円~と安かったので要注意。)
http://www.shinseibank.com/powerflex/fee_list.html

シティバンク銀行:1000円
http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/servicecharges/index.html#a03

三菱東京UFJ銀行:5000円
http://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/gaitame.html
後半のチャージは、個人だと無料。

みずほ銀行:2500円+600円
http://www.mizuhobank.co.jp/fee/forex_syuyou.html

りそな銀行:2500円+価額からの手数料(US$500のときUS$13)
http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/kinri_kawase/tesuryo/index.html#06

三井住友銀行:2500円+600円
http://www.smbc.co.jp/kojin/fee/pdf/fee_gaikoku090824.pdf

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010.08.14

手間取ったけど「TOSHIBA VARDIA の録画を PC に待避→PC から VARDIA に再蓄積」

相当苦労した。だから、メモとして。
実機:TOSHIBA VARDIA RD-S503、Windows7 Professional PC+USB3.0外付けHDD

(基本編:再蓄積が容易だが、往路・待避に掛かるLAN通信速度がきわめて遅い。)
≪往路:PCに待避≫
●VARDIAの「ネットdeナビ設定」から「ネットdeレック/サーバー設定」を選び、待避したいPCのMACアドレス・サーバー名を登録。
●PCにフリーウェアのLANDE-RD(http://www.hdbench.net/ja/landerd/)をダウンロード。
●LANDE-RDを起動して「受信」の設定を行う。設定が終わったらソフトを起動したまま放置。
●VARDIAで待避したいデータを「ダビング」で選択。ダビング先を「LAN」にすると、LANDE-RDを起動中のマシンの待避先サーバー名が表示。
●そのサーバーを選択すると、待避がスタート。蓄積状況の「ファイル名」「ファイルサイズ」「経過時間」が表示。10分の番組で35分ほど掛かった(100BASE-TX接続)。
≪復路:VARDIAに再蓄積≫
●PCのLANDE-RDの「送信」を設定。アドレス(VARDIAのIPアドレスでよい)・ポート番号(原則80)・ユーザー名/パスワード(ネットdeナビのログイン用)を入力。
●続いて「追加」ボタンを押し、待避していた動画ファイルを選択。その後「開始」ボタンを押す。
●PC画面上に「VARDIAで『編集ナビ』を起動して設定」するよう指示が出たところでPCを放置。
●VARDIA「編集ナビ」で、VARDIA内の任意のファイルを「『ダビング』するつもり」で選択。LAN経由を選び、ダビング先としてあらかじめ蓄積しておいたPCのサーバー名が表示されたらそこでVARDIAを放置
●PCの放置しておいたウインドウの「OK」ボタンをクリック。
●VARDIA側でいったん「『ダビング』するつもり」のファイルが選択される画面が表示された後、編集ナビ画面が消えて、LAN→HDDのダビングの進捗グラフが画面下部に表示されて、再蓄積開始。

(応用編:再蓄積の前に下準備が必要。また、再蓄積後のファイルサイズが待避前と変わる。一方、往路・待避に掛かるLAN通信速度が速い。再蓄積時の手間も増えるため、総計の所要時間が却って長いかもしれない。待避時に時間がじっくりかけられる場合は「基本編」ですすめるべき。)
≪往路:PCに待避≫
●DLNA対応レコーダーから動画ファイルをダウンロードするソフトウェア RDLNA(ネットdeダビング - RD-Wiki)をダウンロード。
●RDLNAを起動して接続先を選び「接続」。RDのHDD/DVD内のタイトル一覧が表示されるので、ダウンロードしたいファイルをダブルクリックしてゆく。選択しおわったところで「連続DL」ボタンを押し、ファイル保存先を指定するとダウンロードを開始する。10分の番組で15分ほど掛かった(100BASE-TX接続)。
≪復路:VARDIAに再蓄積≫
☆RDLNAでダウンロードしたファイルは、そのままVARDIAに戻すことができない。ファイルを変換してからアップロードする。
●PCで作成/編集したMPEGファイルをVARDIAへ「ネットdeダビング」の可能なファイルに変換するソフトウェア RDheader(http://www.geocities.jp/oer0428409/)をダウンロード。
●展開したフォルダ内「\bin\Release」の実行ファイルを起動。
●ウインドウ上で、アップロードしたい動画の「タイトル」「日時」等の情報を設定する。「ファイル選択」ボタンでアップロードするファイルを選択した後、「RDヘッダー付きMPEG2-AC3ファイルの作成」とある箇所の「ファイル作成」ボタンを押し、作成後のファイル名を指定する。指定後、ファイルが変換されて新しい作成後ファイルが保存される。
●この後、(基本編)の「LANDE-RD」でファイルの送信作業に移る。
≪再蓄積後のファイル変換≫
☆再蓄積した動画ファイルは圧縮率が悪くなっている。再蓄積後にDVDにする等の処理をする場合、VARDIAの「編集ナビ」で「画質指定ダビング」をする。
●「編集ナビ」で動画一覧を開く。PCからアップロードされたファイルを選択して「ダビング→ダビング先:HDD→画質指定ダビング」を指定する。画質を希望するものに設定して「コピー開始」を選択。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アブダビの日揮社員さん交通事故を知って

「あ~あ、だからラマダン期間中の車での長距離移動は危ないから~」

と発想したが、このような論評はまだどこにも見かけない。

信徒の多い国で、特に昼間の車での移動が危険だとされ日本人の仕事仲間では注意喚起されていると聞く。
さらに"あの"日揮だから、ラマダンは当然「いつものこと」であろうし、この1ヶ月間には仕事をセーブするなどの措置をするなり、具体的に調整しないにしても考慮はしたり、きっとそうおこなっているに違いない。そんなことが想像つく中で起きた事故だから、お気の毒。

今年のラマダンは真夏の8月11日ごろからすでにスタート。信徒は日の出時刻から日の入り時刻までの間の飲食を避ける。
この約1ヶ月間は、運転手のような「駐在員をサポートするスタッフ」も、信徒であれば飲食を避ける。
今回は一部報道で「日本人スタッフが夕食を摂って、その後プラント建設現場に向かおうとしたところで起きた」と報じられている。信徒であれば、ラマダン初日(特に始まったばかりはキツイと聞く)の11日、19時ごろまで食事をしなかったあとの移動ということになる。
毎年のこととはいえ、このラマダンの時期は『辛抱』をともなう宗教行事である。だからどうしても午後から夜にかけては、つらい。運転手はついイライラしてしまう。科学的にも、個人差こそあれ体調に異変をきたすことが指摘できよう。
日揮側の運転手・衝突したトラックの運転手ともにパキスタン人だったようだ。トラック側が逮捕されているとのことだが、「早く家に帰って、食事を~」等と運転しながら気もそぞろ…とかだったのではないかと、勝手な想像がめぐる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『OFFXPDEV: MSCOMCT2.OCX が Microsoft Office XP の開発に挿入されません。』

タイトルがいかにも奇っ怪な日本語のWebページだが、機械翻訳のせい。言いたいことは
『MSCOMCT2.OCX は Microsoft Office XP Developer Edition にパッケージングされていません。』

GPLのフリーソフト DVD Flick を使おうと新規インストール (Windows 7 Professional) したら、このMicrosoft OLEコントロールを要求された。おいおい…。

そこでWebページから取ってきながら、念のため再度ソフトを起動したら、もう文句言われなくなって起動した…。謎。

で、インストールせずに一応確かめてみたら、このOLEコントロールは C:\Windows\System32 に入っていた。だからもっと謎。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.08

時折見られるようになった「孫育てセミナー」告知を見て、ひとこと。

しまいには、大学オープンキャンパスに祖父母が同伴するようになるだろうなあ…(ぼそ)。

(上記「ひとこと」と以下の引用は直接関連を持つものではありません。)

(実施例)
神戸・パルモア病院
岡山・サン・クリニック

角川 志穂,『孫育てにおける祖父母の不安の実態 : 孫育てセミナーを開催して』,第49回日本母性衛生学会総会,母性衛生,49(3),232,2008-10.
鶴川 明子,『孫育てセミナー--育児支援としての祖父母へのアプローチ』,保健師ジャーナル,61(4),330-334,2005-04.

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010.08.06

広島原爆の日に米英仏・国連

広島原爆の日に、●在日米国大使、●在日英国公使、●在日仏国臨時代理大使、●国連事務総長、が初出席。

このうち、国連事務総長が初だというのが、結局は「出てもよいか」が強国のプレッシャーのなかで規定されることの現れ。時間が、かかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »