« いやぁ、ありがたい。>USB3.0 | Main | リーマンショック以降の円高ぐあい »

2010.09.15

フランス国会『ブルカ禁止法』通過

フランス国会で、イスラム教徒女性の上半身のフルベール、「ブルカ」の禁止法が通過した。

France 24 - Parliament approves ban on full veil in public
http://www.france24.com/en/20100914-french-parliament-approves-ban-full-veil-public-senate-law-fine-sarkozy-islam

公共の場所で、顔全体を隠すベールの着用を禁止するという内容。同国ルールによる憲法審査の手続きに移るようだ。

同国ではたとえば、公立学校で髪を隠す目的のスカーフ着用が実質禁止されている。
…が、この種の報道に接するとき、十分気をつけておくべきなのが、同国は同時に
「公立学校でキリスト教信者が十字架を示すもの(ネックレス等)の着用を実質禁止」
しているということ。『宗教を理由とした公共ルール違反を認めるべきではないとの問題意識(引用参照)』である。
「私たちも宗教信仰を示すものを公立学校に持ち込んでいない。そうやって皆が生きている国だから…」
という趣旨ともとらえることができる。ここでのキーワードは「フランス第五共和政」。宗教からの独立などが謳われている。

しかしこの“注文”を言われたほうが、まず信仰の告白をすることが建前という、信仰を表に出すことが一種の流儀にもなっている宗教となると、ちょっと話が複雑である。
それともちろん、公共の場所といった場合、学校だけではないわけで。

一方、EU域内の他の国で同様の法律の議論が進んでいることは、この「フランスのリクツ」とは明らかに違うため、これは私にはとても違和感がある。ただの民族排斥と言われてもやむを得ない可能性がある。

|

« いやぁ、ありがたい。>USB3.0 | Main | リーマンショック以降の円高ぐあい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フランス国会『ブルカ禁止法』通過:

« いやぁ、ありがたい。>USB3.0 | Main | リーマンショック以降の円高ぐあい »