« フランス国会『ブルカ禁止法』通過 | Main | チリ炭鉱事故現場に「救出穴」の先端が到達 »

2010.09.17

リーマンショック以降の円高ぐあい

リーマンショック以降の円高ぐあいが気になって、見てみた。日銀サイトより。

公表資料 > 定期公表資料 > 外為法報告で使用する換算レート > 報告省令レート > 報告省令レート
http://www.boj.or.jp/type/release/teiki/tame_rate/syorei/


貿易統計などを作るとき、「このレートで外国為替に関する数字はそろえてね」と財務省が呼びかけるレート。
前の月1ヶ月の平均レートから当月中旬にこの数値を発表し、次の月1ヶ月間に発表する資料で使う、というのがこの数字の役割。
1か月の実勢相場の平均値といえる。ぜんぶ米ドル表示なので、かけ算が必要。

そして見出しに書いた「割合」は、つまり
「今と比べて、2年前のレートは□%低い価値であった」
「2年前、10000円で○○だけもらえたのが、今は□%多くなった」
ということを示すことになり、円高文脈で書くと『(為替レート的に)日本が対相手国でどれだけ「強く」なったか』を表す。

こうやって書き出してみると、やはり違和感ありまくり。特に東アジア各通貨に対して。
「(為替レート的に)2年前と比べてこの割合だけ、日本は相手国より力が強い」って、思えますぅ? 私は「そりゃないよぉ」って、思います。


日本円/1米ドル(28.2%円高
2008年8月平均109円
2010年8月平均 85円

日本円/1ユーロ(49.1%円高
2008年8月平均109×1.50=163.5円
2010年8月平均 85×1.29=109.65円

日本円/100韓国ウォン(44.7%円高
2008年8月平均109×0.0956=10.4204円
2010年8月平均 85×0.0847= 7.1995円

日本円/100新台湾ドル(30.7%円高
2008年8月平均109×3.20=348.8円
2010年8月平均 85×3.14=266.9円

日本円/1中国元(27.3%円高
2008年8月平均109×0.146=15.914円
2010年8月平均 85×0.147=12.495円

|

« フランス国会『ブルカ禁止法』通過 | Main | チリ炭鉱事故現場に「救出穴」の先端が到達 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リーマンショック以降の円高ぐあい:

« フランス国会『ブルカ禁止法』通過 | Main | チリ炭鉱事故現場に「救出穴」の先端が到達 »