« October 2010 | Main | December 2010 »

2010.11.23

ギニア大統領選は Prof. Conde で決選

独立以来半世紀を経てようやく実った、公選によるギニアの大統領選は、延期していた2回目で、野党リーダーのコンド氏の当選(得票率52%)が発表された。

Voice of America: Conde Wins Guinea Presidential Election
http://www.voanews.com/english/news/Conde-Wins-Guinea-Presidential-Runoff-108238119.html

与党派の前大統領支持者が反発しているものの、穏やかに受け止められている模様。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「南スーダン」建国に向けた住民投票有権者登録開始

2百万人が殺されたともいわれるスーダンの内戦を乗り越えようとする動き。

The Gurdian: South Sudan takes first step towards independence
http://www.guardian.co.uk/world/2010/nov/15/south-sudan-independence-referendum

反対の動きもあるものの、「歴史的な動き。興奮している!」と応えるさまが伝えられている。
たしかに、危険が高まるのは投票後かもしれない。この地は、資源が注視されているためだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.12

「男女比が片寄っている」はどの程度で片寄っているか

職場の成員の男女比が片寄っている、とかいうとき、どの程度で「片寄っている」のか。

職場に男性あるいは女性が就く確率が仮にそれぞれ1/2であるとしたら、統計的には「直接確率計算」で「有意に偏っている」といえる数字がでる。○人以上のうち△人が一方、という境界値を書き出してみる。

(引用:森敏昭・吉田寿夫「心理学のためのデータ解析テクニカルブック」(北大路書房)p.324)
生起確率が5%未満である事象=
5人以上で、うち一方が0人
8人以上で、うち一方が1人
11人以上で、うち一方が2人
13人以上で、うち一方が3人
16人以上で、うち一方が4人
18人以上で、うち一方が5人
21人以上で、うち一方が6人
23人以上で、うち一方が7人
26人以上で、うち一方が8人
28人以上で、うち一方が9人
30人以上で、うち一方が10人

たとえばある学校長が「本校の教員は8割が○性で…」といったとき、10人中2人だけが片方のときは有意とは言えず、一方で15人中3人だったら有意に偏っている。

ここで思ったのだが、公務員である公立学校では「有意に偏る」場合、校長は改善する権利を有する(or改善の努力義務がある)とするのはどうか。
予想するに、一部の小学校が「男性不足」、一部の高校が「女性不足」で引っかかると思う。現実に、「力仕事を担う人の偏りに悩む小学校長」とか、「女性が就きにくい伝統公立高校」とかがあるはずだ。

生起確率をどこで足切りするかの議論も要るだろう。なぜ私はこう思うのかの根拠は、「学校は社会の縮図であるべき」だから。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »