« コートジボアール大統領選は「内戦からの立て直しへの一歩」 | Main | 「南スーダン」建国に向けた住民投票有権者登録開始 »

2010.11.12

「男女比が片寄っている」はどの程度で片寄っているか

職場の成員の男女比が片寄っている、とかいうとき、どの程度で「片寄っている」のか。

職場に男性あるいは女性が就く確率が仮にそれぞれ1/2であるとしたら、統計的には「直接確率計算」で「有意に偏っている」といえる数字がでる。○人以上のうち△人が一方、という境界値を書き出してみる。

(引用:森敏昭・吉田寿夫「心理学のためのデータ解析テクニカルブック」(北大路書房)p.324)
生起確率が5%未満である事象=
5人以上で、うち一方が0人
8人以上で、うち一方が1人
11人以上で、うち一方が2人
13人以上で、うち一方が3人
16人以上で、うち一方が4人
18人以上で、うち一方が5人
21人以上で、うち一方が6人
23人以上で、うち一方が7人
26人以上で、うち一方が8人
28人以上で、うち一方が9人
30人以上で、うち一方が10人

たとえばある学校長が「本校の教員は8割が○性で…」といったとき、10人中2人だけが片方のときは有意とは言えず、一方で15人中3人だったら有意に偏っている。

ここで思ったのだが、公務員である公立学校では「有意に偏る」場合、校長は改善する権利を有する(or改善の努力義務がある)とするのはどうか。
予想するに、一部の小学校が「男性不足」、一部の高校が「女性不足」で引っかかると思う。現実に、「力仕事を担う人の偏りに悩む小学校長」とか、「女性が就きにくい伝統公立高校」とかがあるはずだ。

生起確率をどこで足切りするかの議論も要るだろう。なぜ私はこう思うのかの根拠は、「学校は社会の縮図であるべき」だから。

|

« コートジボアール大統領選は「内戦からの立て直しへの一歩」 | Main | 「南スーダン」建国に向けた住民投票有権者登録開始 »

Comments

お久しぶりです。確かに小学校は、聞いた話では1:3程度で、男性が小学校に職員で新任で採用された場合、あるいは転勤した場合、熱烈に歓迎されるようです。何と言っても力仕事、そしてPCの知識、体育の授業、理科で生き物を触る場合が生じます。一方中学校ではこれが完全に逆転し、3:1になります。女性の方も体の大きい生徒を相手にするため、はっきりとした性格の方が多いようです。高校は、私が卒業した学校は、男性が5:1位でしたね。職業科もありましたが、女性の方は居なかったと思います。女性の先生で数学、理科が1名ずつ家庭科が1名、英語が1名、後何人かいたと思いますが、ちょっと引いてしまうようなタイプが多かったように思います。最近、私学でかつて男子校、あるいは女子校だったところ(公立でも見られますが、、)が共学になって、その辺がどう変化していくかが面白いところです。

Posted by: frmjcc2902 | 2010.11.17 at 16:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10903/50001974

Listed below are links to weblogs that reference 「男女比が片寄っている」はどの程度で片寄っているか:

« コートジボアール大統領選は「内戦からの立て直しへの一歩」 | Main | 「南スーダン」建国に向けた住民投票有権者登録開始 »