« December 2011 | Main | February 2012 »

2012.01.28

ひっそりと、「ダイヤルQ2」終了予定のお知らせ

NTT東日本のWebサイトと、1月の口座引落し通知添付のリーフレット「ハローインフォメーション」で告知中。

NTT東日本|ダイヤルQ2
http://www.ntt-east.co.jp/q2/

昨年末2011年12月15日で新規受け付け終了、
2014年2月末で、義援金募集を目的としたものを除き、サービス終了。

電話音声での情報提供に対し情報料を課金する際、NTT東・西が料金回収代行をするというサービスで、1989年スタート。一世を風靡した。この「情報料回収代行」という考え方は1999年、あの誰もが知っている「iモード」に引き継がれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.27

そういえば料金改定後初の首都高速利用

距離制。今日の自分にとっては、実質値上げだった。

4号新宿=B湾岸線葛西:800円
B湾岸線葛西=5号護国寺:700円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.25

いや、やっぱり Mac iCal から iPod Touch のカレンダーへの連携はやめよう

先日、システム検証用に買った iPod Touch に、つい出来心で(ぉぃ)iCal の連携を設定してしまったが、よく考えれば Google Sync を使って、直接 Google に更新してもらった方がよい。

そこで探したら、ms exchange アカウント「のつもり」になって Google アカウントを設定すればよい、という記事を発見。
さっそくやってみて、成功。とくに Google カレンダー上に設定した複数カレンダーを iPod Touch カレンダーに連携することができ、Wi-Fi が切れているときもカレンダー上で Google カレンダーが複数見られるようになったのが、すばらしい。

mkb:複数のGoogleカレンダーをiCalとiPhoneとで同期するの巻
http://mkb.salchu.net/2010/09/google-ical-iphone.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デュアルブート Mac を Snow Leopard (10.6) から Lion (10.7) にアップデートする際に注意

上げようとおもった直接のキッカケは
iBooks Author
をうごかすのに Lion が必須だったからなのだが。

手元の Mac が Mac OS X Snow Leopard(10.6.9) / Windows 7 Business
のデュアルブートだったため、「入れて不具合が出ては…」と心配したところ、案の定。

Lion がインストール時に「OS修復用領域」を新たに確保するようになるため、
そのせいでパーティションが1つ増えて、誤作動の原因になる場合があるもよう。
BootCamp で Windows を入れてから、さらに別のツールを使って3つ以上にしていると不具合…って、すごい人だな、この方。


いくつか、アップデート作業の「予習」として、Webページを見た。感謝。

にわタコのBlog: Mac OS X Lion をインストールしたら、BootCampのWindowsが起動しないという人へ
http://niwatako.info/20110723/article935.html
Mac OS X Lion のリカバリDVDをインストール後に作成し、リカバリ領域Apple_Boot Recovery HDを削除する
http://niwatako.info/20110724/article938.html

Gadget-Shot.com : Mac App Storeのみ配信のOSX Lionのリカバリディスクの作成方法
http://gadget-shot.com/2011/06/11/osxlion-recovery/

Macの手書き説明書: Lionの起動ディスクを作る方法
http://veadardiary.blog29.fc2.com/blog-entry-3295.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.17

Wikipedia, 米国法改正議論を受け, 水曜日に24時間抗議行動を予定

学生が「騒ぎ出した」場合にそなえ、事前書き込みを。

英語版 Wikipedia のサイトを24時間止めるという、米国法改正論議を受けた抗議行動の予定がある。
#明確に"The blackout will only effect the English
#language page." と「英語版のみ」と言っているので、
#本学の場合、(残念ながら)杞憂かもしれない。

English Wikipedia anti-SOPA blackout
http://wikimediafoundation.org/wiki/English_Wikipedia_anti-SOPA_blackout

Wikipedia Going Dark to Protest SOPA
http://mashable.com/2012/01/16/wikipedia-sopa/

@jimmy_wales tweet
https://twitter.com/intent/favorite?tweet_id=158971314449809409

どういうことが起こるんだろう…学生のようすとか、TVの報道とか。

ちなみに、日本語の報道が、17日19時(JST)時点で
AFPBB、ITMedia、RBBToday、Internet Watch、ITPro、CNet Japan などしか見当たらず、
日本の主要紙がまったくこのタイミングでは扱っていないというところが、メディアリテラシー教育の教材としても利用できるかもしれない(鬱)。
#ぎりぎり、Nikkei BPNet が。

AFPBB: 米ウィキペディア、サイトを一時閉鎖へ 法改正に抗議
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2851343/8316637?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.11

システム検証用に入手した中古iPod Touchですが…ついiCal連携設定

してしまった。Webを参考にした。感謝。

When it's ready. (a2c.get.diary): Googleカレンダーと、SnowLeopardのiCalで複数のカレンダーをシンクする。SpaningSyncもmobileMeも要らないよ
http://d.hatena.ne.jp/a2c/20090831/1251729157

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.09

JRバス・青春エコドリーム号の座席の議論

JRバス関東西日本JRバス
青春エコドリーム号/青春中央エコドリーム号
という夜行バスを、時折使う。このバスは2階建て・4列シートの構成で東京駅/新宿駅ほかと、大阪駅/京都駅/三ノ宮駅ほかを行き来するのだが、「どの座席が良い/辛いか」について書かれたWebページが、いくつかある。
そこで、書き出してみようと思った。

☆座席表(格安バス.jp =JRバス各社共同運営サイト)
http://www.kakuyasubus.jp/kanto_kansai/plan/doubledecker_56.html

○ウィラートラベルの夜行バス(企画旅行型)との比較
激安と高級シートで勝負! 「高速長距離バス」徹底乗り比べ(東京-大阪、東京-名古屋) - 日経トレンディ
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100903/1032843/?P=5

○1階はシートピッチが広い
JR高速バス・夜行バスの口コミ・評判・感想|高速バス研究所
http://highwaybus.tabiris.com/jr.html

○1階はロードノイズが大きい
高速バス「青春エコドリームOR青春ドリーム」&都内ホテル (OKWave)
http://okwave.jp/qa/q5243280.html

○22A・22Dは隣が居ない独り席
MIKU地域社会研究室(hatena blog)
http://d.hatena.ne.jp/warehouse_mgr/20100913/1284393008

○22Aと23Aは、23Aの勝ち
播州野歩記
http://bansyu.com/0924bus/bus.htm

○1A、1B、1C、1D、10A、10B、22A、22D、23B、23Cは、前に足が投げ出せない
○7A、7B、23A、24C、24Dは、後ろに人がいないので座席を倒すとき気遣い要らない
○12A、13Aは壁際に出っ張りがあって足を曲げないと座れない
青春エコドリーム階段のすぐ後ろの座席10A・10Bは足が伸ばせるくらい壁との間隔は... (Yahoo! 知恵袋)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1445365179


ただ、座席配置が違う車が来る可能性が、一応ある。
また、足が前に出せる/出せないとか、シートピッチが広い/狭いについてはあくまで同じ車両内の「相対的」な話。基本的に狭いわけで、このことは覚悟が要ると思う。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012.01.08

るるぶ情報版 に 「お伊勢まいり」

いやぁ…パワースポット人気も、ここまできた。

【新刊】 るるぶ情報版 お伊勢まいり
http://www.amazon.co.jp/gp/product/453308432X/

書店でちらとみたところ、パーフェクトおまいりガイド外宮・内宮、別宮全リスト、お神楽のご祈祷の申込みかた、おはらい町&おかげ横丁店舗マップ、などなど…な構成。なんとまぁ素敵な。
二見浦に足をのばす1泊2日プランなど、旅の情報も。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.03

たび日記 2012/01/01

朝は、宿泊先ホテルが「お餅つき」を広いエレベータホールで開催していた。少しご相伴に預かる。

その後新快速で京都へ。昼食はお勧めと伺っていた、河原町三条と三条寺町の間のお蕎麦屋へ。でもその前に本能寺の変、で知られる本能寺へ。すると、かの日のように(?)寺の隣でホテルを開いていることを知り、驚愕。

ホテル本能寺
http://www.honnoji.co.jp/
法華宗信徒のための宿からスタートした様子の説明、本能寺の変の折も織田信長が定宿にしていたこと、などが説明されている。

「自分に明智光秀のような人が居なければ、安全に過ごせるんじゃない?」という人あり。異様な説得力。

昼食は、ソバの味がしっかり出た、本当に美味しいお蕎麦。にしん蕎麦ではなく「分離」して持ってきてもらったニシン棒煮も良かった。おダシが澄んだままで変に濃くならないで済んだ。

昼食後はイノダコーヒ
http://www.inoda-coffee.co.jp/
本店を覗いてみるが異様な混雑。この待ち列の辛抱強さは、ほんとうに来てみたかったという方ばかりなのだろう。「また、朝来ます」と言って、お譲りする。
その後、錦小路通の錦市場。東端まで歩き、錦天満宮。で、そういえば今年最初の神社。

意外と盛りだくさんの行程だった。ここで帰途についた。

今日の歩数:11000歩

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.02

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

しかし最近は、「新年明けましておめでとうございます」というと年が明けたことを2度いうことになり誤りだ等、実に細かい指摘をしているものが見受けられる。またそれをマスコミは律儀に伝える。重箱の隅をつくような感覚がどんどん醸成されていく。この国は語学教育の中でこれをやってしまったことがコミュニケーションの本懐を追えない人材づくりに決定的に貢献してしまったことを省みるどころか、その勢いを日本語にまで持ち込んで思考回路をメッタ打ちにでもしようというのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.01

たび日記 2011/12/31

31日朝は、伊勢神宮内宮神楽殿で御饌(みけ:お供え物のこと)を仕るご祈祷をお願いしようと決め、初回が8時半だというので、朝8時過ぎに内宮へ出向いた。

すると、この朝の内宮の雰囲気が実に昨日と違うこと。お参りは朝5時から可能なため、すでに多くの参拝者の方は居られたものの、昨日30日のそれと比べると実に空いていた。
祝詞を詠みあげてもらって、ちょっと心も落ち着いた。
伊勢神宮の神殿は皇族専用なので、あがることはできない。私たちは神楽殿で、祝詞を詠みあげてもらった。終了後は神饌(お供え物が下がってきたもの)を受け取る。お札とともに「神饌を食べることを直会といい…」と、大切な行為であるのと説明書きが添えられる。まだ旅の途中である。帰宅後いただくことにしよう。

その後は奈良に移動。奈良国立博物館が大晦日まで開いているということで訪れたのだが、その間のシカが、面白かった。小さい頃同様、意外と楽しいものだ。嬉しくなってくる。
奈良国立博物館の展示に「春日大社若宮おん祭」が扱われていたため、この展示を見た後に、徒歩で春日大社に実地調査(笑)。そこから戻ってきて続きの常設展示を観覧。

大阪に宿をとっていたので近鉄奈良線で移動。大阪市内で静かに新年を迎えた。

しかしまあ、歩いた。

今日の歩数:22300歩

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たび日記 2011/12/30

名古屋から出発。

まず鳥羽方面行きのJR快速「みえ」に乗車。伊勢市駅で下車し、伊勢神宮を外宮・内宮と訪問…だったのだが、大変に混み合っていた。

1日の初詣は実に多くの方が伊勢神宮を訪れるという。風光明媚な東向きの海岸で初日の出をという人も居るためか、近鉄も深夜夜通し、20~60分間隔で有料特急電車を伊勢方向に出す。そして、またそれに乗る方が、居られる。
Iseshima
(1月1日・00:30時点の空席情報表示=近鉄)

そのくらい初詣で混雑するということであるため、1月1日を避けて12月30日に来てみたのだが、完全には避けきれなかった。
タクシー運転手や神社司庁付けの警備スタッフさんの話を聞いていると、なんでも30日・31日は神道系宗教団体を中心にしたかなり多くの参拝があり、特に午後は人数も多いのだそう。その一団と思われる人たちに、多く出会った。人の波をかき分けるような参拝になった気がしたので、次の31日朝に、気分を変えてご祈祷をお願いしようということで、この日は神宮を後にした。

今日の歩数:17500歩

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »