« たび日記 2012/03/27 | Main | マラウィ大統領死去、の報道 »

2012.04.07

マリがかなり複雑な情勢に

若手将校によるクーデターが進行するなか、北東部反政府勢力が独立宣言、という、かなり複雑な情勢になってきた。

BBC: Mali coup leaders to stand down as part of Ecowas deal
http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-17642276

France24: Tuareg rebels declare independence in north Mali
http://www.france24.com/en/20120406-france-24-exclusive-tuareg-rebels-declare-independence-mlna-mali-ansar-dine-azawad

ECOWAS は「西アフリカ諸国経済共同体」。「経済」とついているが域内の紛争解決のために派遣する監視グループも持っていて、今回はその関与を受けることに同意したもよう。
しかしこのクーデターの直接の原因ともなっていた北東部の勢力が「独立宣言」とまで来た。事態がここまでテンポを速めて進むことは、フランスなど影響力のある他国も考えていなかったのではないか。


どうも北東部は武装勢力の「暴走」とみられてもしかたないような状況にみえる。
現地時間5日には、北東部で国境を接するアルジェリアの現地領事館が襲われ、外交官が誘拐されるという事件が起きている。

France24: Diplomats kidnapped from Algerian consulate in Mali
http://www.france24.com/en/20120405-mali-islamists-seize-algerian-consulate-gao-kidnap-staff

こんなことが起きると、隣国も“独立宣言”した勢力と心穏やかにつきあうことは到底できまい。
さらに、北東部ではない首都バマコでは、“独立宣言”を非難する動きがみられるとも。

France24: Malians denounce northern 'independence'
http://www.france24.com/en/20120406-mali-bamako-reaction-residents-condemn-tuareg-independence-north-mali-aqim

日本も、長くセネガルが兼轄していた大使館を数年前マリに置いた。セネガルほどではないが民主政治の流れも安定していた。地域的な存在感もある程度は出てきたとみられるだけに、こういった「市民が嫌がる政治的活動」がどこまで続けられるのか、注目に値する。

|

« たび日記 2012/03/27 | Main | マラウィ大統領死去、の報道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マリがかなり複雑な情勢に:

« たび日記 2012/03/27 | Main | マラウィ大統領死去、の報道 »