« 「ガールズケイリン」初戦は地元選手 | Main | 風力発電買い取り、もう枠満杯、の報をきいて »

2012.07.04

学校での授業に「関心」を持たせる術は「文脈の共有」

学校では「文脈の共有」ができることが、授業が関心あるものへとつながるための肝であるという。
結局、本人の生活や見聞きすることの中に、授業で扱われているような「文脈」がないと、なかなか授業から情報が引き出せないというわけだ。

学校は「同じ文脈を共有しよう」という「文化の発信地」だろう。

でも、「思いの共有化」なんてことばは日本語以外に変換するのはすごく困難。もうちょっと違う説明をしなくてはならないのか。
…学校はどのような役目を果たすために、あるのだろう。「今どき」な再定義は如何に。

|

« 「ガールズケイリン」初戦は地元選手 | Main | 風力発電買い取り、もう枠満杯、の報をきいて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 学校での授業に「関心」を持たせる術は「文脈の共有」:

« 「ガールズケイリン」初戦は地元選手 | Main | 風力発電買い取り、もう枠満杯、の報をきいて »