« October 2012 | Main | December 2012 »

2012.11.28

よっぽど「悪もん」にしたいんやろか(怒)

「家宅捜索の事実はない」って、言うてはるやん。これじゃあ『”松本サリン事件”状態』やん。

ほんま、よっぽど○chを「悪もん」にしたいんやろか。


ITPro: 「家宅捜索の事実はない」、ゼロが2ちゃんねる遠隔操作ウイルス関連報道を否定
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20121127/440033/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

"母艦"PCが故障で替わってもiOSデバイスのフォルダ設定を維持したい(iOS 5.1.1)

〔この記事を参照される方へ〕もちろんですが、At your own risks, で。


Windows PC のマシンがHDD読み取り不具合に。いわゆる「母艦PC」マシンを交換することにした。
が、ぼおっと iPad を新しいPCのiTunesにつなぐと、iPad上のレイアウト構成(アプリをフォルダに整理した情報)が崩れ、ぜんぶ展開されてしまう。一度ひどい目に遭ったことがある(苦笑)。

Keep Apps and App-folder Layouts on iOS device

とかなんとかキーワードを決めて、いろいろ探してみたが、「デバイスが替わる(iPad → iPad 3rd gen. とか)」場合の、フォルダレイアウト維持方法を述べたものが見つかった。

iLounge: Restoring Apps and App folder layouts
http://www.ilounge.com/index.php/articles/comments/restoring-apps-and-app-folder-layouts/

この記事から類推して、

○USBケーブルで接続。このさい同期はまだ決して行わない
○iPadに入っていたアプリを
 「ファイル」→「購入した項目を iPad から転送」
 でぜんぶ新母艦PCに転送
○iTunes上で、左側項目「デバイス」からiPadを選択
○iPad側でバックアップを新母艦PCかiCloudかにとるための設定をしていることを確認
○「概要」の「バックアップ」で、バックアップがとれていることを確認
○上側項目「App」を選択
○"Appを同期"にチェックを【付けない】状態で、画面右側のレイアウトが表示されている

という状態であれば、

●"Appを同期"にチェック

して、新母艦PCからiPadに項目をコピー等始めても、レイアウトはそのまま維持、の模様。
で、自分のためしたデバイスでは、OKだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.26

PISA2009 データ(txtをzipにしたもの)を SPSS で使えるように加工する作業

よく拝見するこちらのサイトをちらっと見ながら、PISA2009 のデータをSPSS(ver.19)で使えるように加工しようとしたのだが、ちょっとトラブル。

まず、ダウンロードサイト
http://pisa2009.acer.edu.au/downloads.php
に行き、
Questionnaires(参考のために)
Codebooks(これも参考のために)
SPSS control files(データをSPSS用に加工するためのシンタックスが書かれたファイル)
Data sets in TXT format (compressed)(データ)
を入手。

続いて control file (*.sps)を SPSS ver.19 で開いた。シンタックスエディタが起動するので、データを保存したディレクトリを指定するために編集しようとしたのだが、もとの control file に、キャラクタコードの不具合がある。ASCIIファイルで使えない文字コードが混ざっていたもよう。
しかたがないので編集→検索メニューで、置換のチェックボックスを付けて、適宜変換。「上書き保存」時に、

で、最後に笑ったのが、ファイル保存先の記述(入力側はかいてあるんだから、テンプレート的に出力側も1行くらい書いておけばいいのに…)が、なかったこと。

仕方がないので、保存先を適当に

C:\pisa2009data\INT_STQ09_DEC11.sav

などと決め、最終行に

SAVE OUTFILE="C:\pisa2009data\INT_STQ09_DEC11.sav".

等と追加。これで完了。spsファイルの画面で「実行→すべて」を行うと、データファイルが出力された。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.23

GIMP 2.8.2日本語版 for Mac OS X日本語、で、落ちる…(涙)

X11が要らなくなった(ネイティブ化)ということで試してみたかったのだが、本家から持って来たら、いくつかのBlogにも指摘があるとおりだった。しくしく。

で、探しまくって、ここにたどり着いた。

GIMP on OS X
http://gimp.lisanet.de/Website/Download.html

起動は、するみたい。いろいろ試してみたい。

で、だめなら結局、これで対応の方向でいくことになるのだろう。

Qiita: ネイティブ化したMac版GIMP 2.8.2がフォント周りのエラーで起動しないのをなんとかする
http://qiita.com/items/4556630af9040f788325

新! #android ファッション通信 Σ(^A^;):Mac ネイティブ仕様な GIMP を使う – フォントがらみで起動できない
http://android.benigumo.com/20120831/mac-ネイティブ仕様な-gimp-を使う-フォントがらみで起/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.18

ほんとに、もうっ、…>IBM SPSS 19

SPSS 19 に Essentials_for_R をつづけてインストールしようとしたら、
SPSS ver.19.0.0.2 を想定しているようだったので、それじゃあ…とIBMサポートサイトを探すものの、見当たらず。

なんで Google Search して尋ね当たらないといけないのよ。もうっ。

IBM: IBM SPSS Statistics Version 19 Essentials for R
https://www.ibm.com/developerworks/mydeveloperworks/groups/service/html/communityview?communityUuid=ab16c38e-2f7b-4912-a47e-85682d124d32

IBM SPSS: Fix Pack 2 for Statistics Client 19.0.0.0
http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg24031110

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうっ、…>IBM SPSS 19

Windows 7 64bit に IBM SPSS 19 をインストールしようとして不具合。わかるように説明しなよ>IBM。

SPSS Win  勝手にFAQ  セットアップ編
[Q 19]Windows7でインストール直後「サイドバイサイド構成が正しくないため、アプリケーションを開始できませんでした」というエラーが出て起動しない
http://tokada.w3.kanazawa-u.ac.jp/spss/spssa.htm

IBM: (公式見解)
Statistics起動時エラー「サイドバイサイド構成が正しくないため、アプリケーションを開始できませんでした」
https://www-304.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21508811

Microsoft Download Center: Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5638

VC++のライブラリの追加インストールなのだが、 64bit OS のマシンに x86 を入れないといけない、という罠。
アプリケーションソフトを 64bit 対応する作業をしたものの、出荷を前にしたテストでミスった…ということでしょう。OS を一からインストールしてSPSSを導入しようとしているマシンを想定してテストをやってから出荷すれば、こういうことは起きないはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.16

エジプトの仲介が無いイスラエル=パレスチナ対立

イスラエル=パレスチナ対立は、エジプトの仲介が無いなか、どうなっていくのだろうか。

47NEWS: イスラエル、ガザ侵攻準備進める 予備役の招集開始
http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012111601001747.html
FRANCE 24: Israel readies ground troops as rockets target Tel Aviv
http://www.france24.com/en/20121115-israel-strikes-gaza-rocket-tel-aviv

イスラエル・パレスチナが、パレスチナへのエジプト首相の訪問の間だけ停戦することに合意したとも伝えられているが、根本的には対立が続いている。

たぶん「なんだかんだ言っても」という語彙が当てはまると思うのだが、エジプト・ムバラク政権が混乱の収拾を図って、双方の対立のとりあえずの緩和を、いつも果たしてきた。
しかし、現在のエジプト・モルシ政権は明確にパレスチナ寄りと言明している。いわば「立ち位置が変わった」。
だからこんどの対立は、すぐには収まらないかもしれない。

ただでさえ、対立はしていたものの決して攻撃には至らなかったシリアが情勢変化するなど、イスラエルをめぐる環境は穏やかではない。ヨルダンも巻き込んだ立て続けの変化が、このあと巻き起こるのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.08

教学研究社の倒産と、教材出版業界、そして「勉強」におもうこと

教学研究社は7月5日に会社更生法適用申請していた。いわゆる、倒産。

教学研究社
http://www8.ocn.ne.jp/~okakyo/kh12_link/gakusansyuppannsya/kyougaku-kenkyuusha.htm


みんなはいま、どんな方法で勉強をしたいのだろう。ていうか、「勉強」って言葉が指す概念は、共有できているのか。

いま、すごく素朴な感覚なのだけれども、実に不安なことがある。
いま初等教育教職課程の学生に関わっていて、実に「勉強」を軽んじる空気が漂っている気がする。採用試験の受験「対策」は熱心。しかしなんというか、勉強の"文脈"を持たないというか。

たぶん、勉強ができていれば、対策は要らない。あるいは極限まで少なくてよい。いまの都心の小学校教員採用試験は、勉強ができていれば受験しさえすれば通ってしまう気すらする。そして、決して対策は勉強にならない。
でも、勉強ってこんな感じの営みだった…という文脈の共有が、いますごくしづらい。だから「勉強」と言ったときに想起することがどうも違うみたい。で、この相手が初等教育教職課程学生だから、たちが悪い。
方法が変わっただけ? いや、「強」いられたものが、ほんとに見出せない学生が居る。なんか、ないか。ほんとにないのか、別に教科学習でなくてもいいから、と探るのだけど。
なにせ初等教職は全教科。とうぜん私も知らないことがある。わたしも勉強させていただこうという気持ちで、たとえば卒業研究の取り組みを伺う。ところが、どんな狭いトピックでも良いので、とことんまで知り抜く、情報を得ようとする、「これ、どういうこと?」といぶかったり訊ねたり調べたりすることが、しないというんじゃない、たぶん、文脈がないという感じ。そんな反応が間々ある。

教学研究社の「計算ドリル」「算数ドリル」を買って反復練習…って、先生、今からやれないよ、と。そりゃそうでしょう。(大人が立ち向かう社会にあふれる課題難題に比べれば)こんな限定された内容でいいのに、「勉強」の経験・体験がないんだもの。「ふわあっ」とした蓄積で、「ふわあっ」と大学まで、来ちゃったんだよ。

大学の授業に身が入らないが、学修の合間の店舗での仕事などで入れこんでいる学生は、この文脈が、ある。大学の学修に適用しないだけ(笑)。そういうのも、いいじゃん。仕事を通じて社会貢献し、十分に職能に特有の技能や店舗経営・大人との立ち居振舞いなどを「勉強」して、それらが見についているのだから。

「ふわあっ」と、大学にいれてしまったのだ。われわれが。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012.11.05

シリアに向き合う日本の外交努力

がんばれ。がんばれ。

NHK World: Japan to host int'l meeting on Syria sanctions
http://www3.nhk.or.jp/daily/english/20121105_07.html

シリア・アサド政府側にかけている経済制裁のこんごを議題としたいようだ。

ただ、きょうからカタール・ドーハでも反政府勢力が会合を行っている。実はあんまりまとまれていない反政府側が話し合いをもって、今週中(イスラームなので木曜日じゅう)に亡命政権(exile government)づくりを終えたいようだ。

France 24: Syria's divided opposition seeks unity at Doha talks
http://www.france24.com/en/20121103-syria-divided-opposition-seeks-unity-doha-talks-snc-national-council-international-support
NHK World: Syria opposition group starts conference in Doha
http://www3.nhk.or.jp/daily/english/20121105_06.html


あと、上記のNHK記事では、この件の裏の主役である国連安保理常任理事国2カ国のことを述べていない。冷たいが、それでは何も変わらない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鎌倉・円覺寺「宝物風入れ」で感じた「展示論」

毎年、お寺の方々(お坊さん・檀家さん)で、どの宝物を展示されるのかをお選びになっているのだろう。
鎌倉・円覚寺「宝物風入れ」に行って数多くの品物を拝見したのだが、博物館・科学館での教育活動が気になっている私としては、とても印象深かった。

もちろん写真撮影謝絶なのでこのWebサイトで展示の様子をお見せすることはできないのだが、とにかく、ぎゅーっと詰め込んで大量に、そして細い廊下の壁など「人が触れてしまいそう」なところも余すところなく掛け軸や巻物を並べて、お見せになっていた。
意図か偶然の産物か、この展示方法の力強さに、畏れ入った。そんな心持ちがした。

美術館・博物館は、文物を並べることで作られた、その時代の風物の、いわば「シミュレーション」である。Lisa Roberts "From Knowledge to Narrative: Educators and the Changing Museum" で、そういう記述を読んだ。
我々は、美術館の提供する図録や解説札、ミュージアムガイド等を、ともすれば展示や作品そのものよりもありがたがってしまうことがある、といった趣旨で Roberts は指摘する。

日本では特に、しばしば美術館で、かなりの長蛇の列をわざわざ並んで、海外からの作品を見ることがある。が、そういうときにも、作品よりも横の説明書きのほうに気を取られてしまうかのような人を散見する。
たしかに展示・作品に関する知識が無いと感じる「有学」なひと(本エントリは仏教寺院の話なのでこの語を用いてみました(笑))は、解説を欲しいし、それをありがたいと思う。でも、健康な人であれば、作品や展示を自分の心と体でありのまま受け止めて、それを良いだの悪いだの、面白いだのつまらないだの、言うのも大事なのではないかという考え方も、できる。
また、ほんとに触れられてしまう(あるいは、誤って触ってしまい下手をすると壊しそうな)近さで見せるのは、その逆のときの「ありがたそう」に見せてしまう誘因にもなりうる柵やパーティションの存在を、あたかも全力で否定しているかのようで、圧巻である。

今回出会った、解説はさておきぎっしりと詰め込んで多く見てもらおうとする姿勢は、別に観覧者を軽んじているわけではなく、作品の力強さを伝えようという思いの表し方の一つともとれる。
翻って、学芸員らはどうすればよいか。考えさせられるところである。「科学コミュニケーター」も、同様であろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鎌倉のお寺・円覺寺の「宝物風入れ」

鎌倉五山のひとつとされる円覚寺(えんがくじ)。このお寺の、年に3日だけの特別拝観に行きたい、という人がいて、帯同。

臨済宗大本山 円覚寺: 宝物風入
http://www.engakuji.or.jp/event/houmotsu.php

宋から持ち帰った絵画掛軸や、北条時宗など寺の縁起にも関わる諸氏の書き物、…そして、ねこ :)
Dsc_0006

かなちゃん、と呼ばれているそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

きょう横浜高島屋で出会った海鮮丼

よかったです。

函館朝市 栄屋: 栄屋自慢のお弁当!出店予定の百貨店一覧
http://www.sakaeyanet.com/bussan/bussan.html

最終日閉場間際だったこともあり、大変サービスをしてくださいました。価格は…書いたらご迷惑になるでしょうからやめておきます。:)

2折買って少し中身を交換したのが、これ。
Img_4911

うにも塩気が柔らかく、なによりあわびの香りが豊か。いくらの中からは筋が出てきて「真っ正直さ」の現れ。かにも塩気が少なくフワッとした食感で、量もモリモリ。

ほんとに、めっけもんでした。感謝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.02

近鉄特急しまかぜの車内プレスリリースを知り調べたら

9月に発表され、先日車内が公開された。

で、調べてびっくりしたのが、編成定員。
138人。これは少ない。

鉄道ホビダス: 近鉄 新型観光特急「しまかぜ」を発表。
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2012/09/post_329.html


特急料金が今より上がるのでは…と思った通り、現行の『デラックスカー』と同じく、特別車両料金が発生。それも現行の料金よりさらに、上。さしずめJR東日本の「グランクラス」と同様。

近鉄: しまかぜ 時刻表・運賃情報等
http://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/charge/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »