« シリアに向き合う日本の外交努力 | Main | エジプトの仲介が無いイスラエル=パレスチナ対立 »

2012.11.08

教学研究社の倒産と、教材出版業界、そして「勉強」におもうこと

教学研究社は7月5日に会社更生法適用申請していた。いわゆる、倒産。

教学研究社
http://www8.ocn.ne.jp/~okakyo/kh12_link/gakusansyuppannsya/kyougaku-kenkyuusha.htm


みんなはいま、どんな方法で勉強をしたいのだろう。ていうか、「勉強」って言葉が指す概念は、共有できているのか。

いま、すごく素朴な感覚なのだけれども、実に不安なことがある。
いま初等教育教職課程の学生に関わっていて、実に「勉強」を軽んじる空気が漂っている気がする。採用試験の受験「対策」は熱心。しかしなんというか、勉強の"文脈"を持たないというか。

たぶん、勉強ができていれば、対策は要らない。あるいは極限まで少なくてよい。いまの都心の小学校教員採用試験は、勉強ができていれば受験しさえすれば通ってしまう気すらする。そして、決して対策は勉強にならない。
でも、勉強ってこんな感じの営みだった…という文脈の共有が、いますごくしづらい。だから「勉強」と言ったときに想起することがどうも違うみたい。で、この相手が初等教育教職課程学生だから、たちが悪い。
方法が変わっただけ? いや、「強」いられたものが、ほんとに見出せない学生が居る。なんか、ないか。ほんとにないのか、別に教科学習でなくてもいいから、と探るのだけど。
なにせ初等教職は全教科。とうぜん私も知らないことがある。わたしも勉強させていただこうという気持ちで、たとえば卒業研究の取り組みを伺う。ところが、どんな狭いトピックでも良いので、とことんまで知り抜く、情報を得ようとする、「これ、どういうこと?」といぶかったり訊ねたり調べたりすることが、しないというんじゃない、たぶん、文脈がないという感じ。そんな反応が間々ある。

教学研究社の「計算ドリル」「算数ドリル」を買って反復練習…って、先生、今からやれないよ、と。そりゃそうでしょう。(大人が立ち向かう社会にあふれる課題難題に比べれば)こんな限定された内容でいいのに、「勉強」の経験・体験がないんだもの。「ふわあっ」とした蓄積で、「ふわあっ」と大学まで、来ちゃったんだよ。

大学の授業に身が入らないが、学修の合間の店舗での仕事などで入れこんでいる学生は、この文脈が、ある。大学の学修に適用しないだけ(笑)。そういうのも、いいじゃん。仕事を通じて社会貢献し、十分に職能に特有の技能や店舗経営・大人との立ち居振舞いなどを「勉強」して、それらが見についているのだから。

「ふわあっ」と、大学にいれてしまったのだ。われわれが。

|

« シリアに向き合う日本の外交努力 | Main | エジプトの仲介が無いイスラエル=パレスチナ対立 »

Comments

こんにちわ。

ヨルダンから帰国後は、
日本の人たちにヨルダンを伝えています。
今は、
ヨルダンと日本の学校教育を比較しているところです。

「勉強」という意味を考える
きっかけをありがとうございます。

Posted by: | 2012.11.12 22:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 教学研究社の倒産と、教材出版業界、そして「勉強」におもうこと:

« シリアに向き合う日本の外交努力 | Main | エジプトの仲介が無いイスラエル=パレスチナ対立 »