« December 2012 | Main | February 2013 »

2013.01.16

パキスタン、『最高裁が』首相の逮捕命令

首相よ、大統領が汚職に塗(まみ)れていることを首相が訴追しないのは、法廷を侮辱している。というより「あんたもでしょ」…と、首相の汚職を指摘する、最高裁。

The Telegraph: Fresh crisis in Pakistan as judges order arrest of prime minister in "soft coup"
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/pakistan/9802402/Fresh-crisis-in-Pakistan-as-judges-order-arrest-of-prime-minister-in-soft-coup.html

パキスタンは独立以来、常に政治情勢には穏やかさがない。首相の暗殺(ベナジール・ブット女史・2007年)も経験している国だが、今回の『最高裁が』というのはいわば「横やり」。さすがの(失礼)この国でも、異例のできごと。The Telegraph の上述の記事も、最後のほうで "sensational announcement"と、このできごとを呼んでいる。

…というか、最高裁だかなんだか、貴国は裁判所が検察っぽく動けるような司法制度なんですか?とか、この動きは結局軍部が文民政権を打倒する一つの方法に過ぎないのですか?とか、日本的三権分立+警察制度の頭で考えていると、ツッコミどころ満載。

なお、決定の支持派と、首相支持派(パキスタン人民党:PPP)が、互いにデモを行い議会に向かうなどの動きにつながっている。

Reuters: Pakistan turmoil deepens as court orders PM's arrest
http://www.reuters.com/article/2013/01/15/us-pakistan-cleric-protests-idUSBRE90E04920130115

demotix.com: Pakistan Peoples Party members protest against the PM's arrest
http://www.demotix.com/news/1728136/pakistan-peoples-party-members-protest-against-pms-arrest


ところでパキスタンは、上述のベナジール・ブット女史の息子が昨年末、政治活動を始めると宣言している。こういった動きとも絡んで、こんごも政治の穏やかさは遠い。

The Telegraph: Benazir Bhutto's son Bilawal launches his political career in Pakistan
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/pakistan/9767934/Benazir-Bhuttos-son-Bilawal-launches-his-political-career-in-Pakistan.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マリ東部“イスラム原理主義派”にフランス軍攻撃

13日(日曜)から、始まってしまった。

CNN.com: 'Many deaths' as Malians, joined by French, try to beat back Islamist militants
http://edition.cnn.com/2013/01/12/world/africa/mali-france/index.html?iref=allsearch

AFP: France extends Mali airstrikes to Islamist strongholds
http://www.afp.com/en/node/786226

おととし2011年~のリビア紛争地域から北部・東部のマリにリビア政府側、すなわち"もと正規軍"武装勢力の「残党が乱入」したことで特に対立が大きくなったと伝えられている。フランスはこれまで、矛を収めてはいた。
マリの暫定政権側がフランスに依頼をし、「正当な政権側が取り返す」ために介入した形になっている。国連安保理は暫定政権の立場で、西アフリカの各国に軍事介入のための青写真を作ることを促していた。しかし「始まってしまった」ため、西アフリカの各国も陸軍の派遣を始めた。セネガルなどが加わるもよう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2013.01.01

終わって早々ですが…ウィーンフィルニューイヤー2014の抽選

受付、今年は1月23日まで。
http://www.wienerphilharmoniker.at/drawing_2013.html

以前申し込みをトライしていた何年かは、31日までだったような気がする。
ホントに激烈な抽選なんだろうなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »