« 朝の東横線、新・渋谷駅を動いてみて | Main | FlagCounter なるガジェットを付けてみた…こんなBlogを外国からご覧いただけるのか »

2013.04.03

政党の好みではなく、憲法の精神に則り、内閣不支持。

帰国して、日本を離れていた間にひとまずの決着が出そろった、以下の件。

どの政党が期待できるとか好きとかではない。もうこうなったら、以下の文を引用するまでもなく不信任である。いま私がたとえば「内閣支持」世論調査のたぐいを受けたら、
 「不信任(理由:いまの国会議員とともには行動できないから)」
って答える。
だって、いまの憲法を決めた人たちの綴ったいわば「添え書き」の文章の1文め、それもドあたまにこんなことが書いてあるんですから。

==========
【日本国憲法前文(1946年11月3日)】 1文め
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
==========

ぜひ、各方面が開催する世論調査では、不信任の理由を聞くときに、上記の趣旨の選択肢か、「格差訴訟1審で『違憲』判決が多数でたから」といった選択肢を入れてほしい。それっくらいの敏感さを、「採る側」の感覚が正常なら、持ち合わせていてほしい(軽く皮肉)。


Wall Street Journal: 16判決出そろう---衆院選1票格差訴訟
http://jp.wsj.com/article/JJ10184891111520983501216933507312736624411.html

|

« 朝の東横線、新・渋谷駅を動いてみて | Main | FlagCounter なるガジェットを付けてみた…こんなBlogを外国からご覧いただけるのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 政党の好みではなく、憲法の精神に則り、内閣不支持。:

« 朝の東横線、新・渋谷駅を動いてみて | Main | FlagCounter なるガジェットを付けてみた…こんなBlogを外国からご覧いただけるのか »