« 『竜飛海底駅廃止は「北斗星」「カシオペア」廃止の遠因』 | Main | ガンビアの外交の動きに違和感あり »

2013.11.17

コンゴ民主共和国の東端の反政府勢力が政府側と武装解除で合意

まだ緊張感はガンガン漂っているようで、予断を許さない。
コンゴ民主共和国の東端に居る反政府勢力が、政府側と武装解除で合意。

BBC News: DR Congo M23 rebels agree to disarm
http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-24815419


M23とは、2009年3月(Mars(仏語)・March(英語))23日の文書をキッカケにうまれたコンゴ民主共和国(DRC)の反政府勢力。隣国のウガンダ・ルワンダの支援を受けているもよう。(周辺地図はこちら。)

大きな国だから、なかなか対立は止まない。南スーダンがスーダンから分離独立したこと(特に2009年はその分離過程であったこと)も、反政府勢力ができた当時には、影響したのだろう。

|

« 『竜飛海底駅廃止は「北斗星」「カシオペア」廃止の遠因』 | Main | ガンビアの外交の動きに違和感あり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コンゴ民主共和国の東端の反政府勢力が政府側と武装解除で合意:

« 『竜飛海底駅廃止は「北斗星」「カシオペア」廃止の遠因』 | Main | ガンビアの外交の動きに違和感あり »