« 公人の恋愛や信仰に関する扱いについて思う | Main | シリア情勢を巡る国際会議、開会 »

2014.01.22

ウクライナの「デモ禁止」法令が契機になって騒乱ぎみ

pro-EU 派が押さえつけられるような形になっていたウクライナ(Ukraine)だが、反政府デモ禁止法と呼ばざるを得ない法令がキッカケで、騒乱ぎみのもようである。

BBC: Ukraine crisis: Clashes after thousands defy protest ban
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-25798320

AFP: ウクライナで反デモ法施行、首都は「戦場の様相」
http://www.afpbb.com/articles/-/3006966/12977641

pro-EU 派(というより非・親ロシア派、というべきか)が率いていた時期の代表的政治家は、編み込んだ髪がトレードマークのようになっている、ティモシェンコ氏(Yulia Tymoshenko)。首相を務めたこともあるがまだ53歳。現在、国内で資源に絡んだ罪に問われている。
一方、現在の親ロシア派、アザロフ氏(Mykola Azarov)は、2010年のティモシェンコ氏からの政権奪還後、弾圧とも呼べそうな圧力を掛けているとみられる。

反政府デモ禁止を謳う法律が1月17日に大統領署名で発効し、決定的な対立が世界にも見えてしまう形に。

BBC: Ukraine's president signs anti-protest bill into law
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-25771595

キエフの一部で警察との対峙が起きている。

しかし「デモの禁止」ととれる法律は、実態はともかく、あまりにも民主的さを欠くという印象を与えかねない。

|

« 公人の恋愛や信仰に関する扱いについて思う | Main | シリア情勢を巡る国際会議、開会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウクライナの「デモ禁止」法令が契機になって騒乱ぎみ:

« 公人の恋愛や信仰に関する扱いについて思う | Main | シリア情勢を巡る国際会議、開会 »