« truce(停戦)が充てられるウクライナ・キエフの対立 | Main | 川重の水素発電設備量産の意味と、こんご必要な技術革新 »

2014.02.22

"EURO 2012の縁(?)"でポーランドがウクライナ正常化の微かな望みを支援

AFP談。サッカーヨーロッパ選手権の一番最近の回は、ポーランドとウクライナの共同開催だった。

AFP: Ukraine agreement still very far off: Polish PM
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5iCPQLMko1qcTdH7pR-ED3LOEu4Jg?docId=e0243359-50a9-4e4d-9d6c-2ed0085cd99c

このウクライナ(首都部)の情勢については本ブログでも1月22日2月11日2月21日と、かいてきた。
しかし、あのように至近距離で相対峙して、あれだけの「黒煙バリケード」をこしらえたりしていると、このたびの現地木曜日のような「偶発的衝突」が起きるのもやむを得ない状況になってしまっていた。亡くなられた方々が居ること、そしてその数を聞くに、つらい気持ちを禁じ得ない。
市民の声が目指すは「より豊かな生活」であって、その実現のしかたを巡る対立。典型的なパワーゲームの被害者に見える。

|

« truce(停戦)が充てられるウクライナ・キエフの対立 | Main | 川重の水素発電設備量産の意味と、こんご必要な技術革新 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference "EURO 2012の縁(?)"でポーランドがウクライナ正常化の微かな望みを支援:

« truce(停戦)が充てられるウクライナ・キエフの対立 | Main | 川重の水素発電設備量産の意味と、こんご必要な技術革新 »