« ナイジェリアで大規模女子校襲撃・連行事件 | Main | ルワンダ内戦・大規模虐殺から20年 »

2014.04.28

どんどん数が増える、エジプト・ムスリム同胞団への国軍からの“粛正”

確認だが、拘束し裁判を仕掛けているのは、国軍勢力側である。
追われて捉えられている側は、現在は政権掌握はしていないものの、投票で選ばれた者たちである。

すでにモルシ氏が追われた2013年7月からの拘束者数は約16,000人。そして、いわば「毎月、数百人単位」ともいえるペースで死刑判決。記事には『家族はムスリム同胞団じゃない!』等、叫びに似た言葉が並ぶ。

市民は、どこまでこのことを受け入れているのだろうか。2013年6月終わりにエジプト人の国際教育実践の関係者にカタールで会ったとき、ムスリム同胞団政権に違和感を示しておられたのは確かだったが。

The World Post: Egypt Mass Trial: Judge Sentences 683 To Death
http://www.huffingtonpost.com/2014/04/28/egypt-mass-trial_n_5224509.html

|

« ナイジェリアで大規模女子校襲撃・連行事件 | Main | ルワンダ内戦・大規模虐殺から20年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10903/59548302

Listed below are links to weblogs that reference どんどん数が増える、エジプト・ムスリム同胞団への国軍からの“粛正”:

« ナイジェリアで大規模女子校襲撃・連行事件 | Main | ルワンダ内戦・大規模虐殺から20年 »