« ナイジェリアで大規模女子校襲撃・連行事件 | Main | ルワンダ内戦・大規模虐殺から20年 »

2014.04.28

どんどん数が増える、エジプト・ムスリム同胞団への国軍からの“粛正”

確認だが、拘束し裁判を仕掛けているのは、国軍勢力側である。
追われて捉えられている側は、現在は政権掌握はしていないものの、投票で選ばれた者たちである。

すでにモルシ氏が追われた2013年7月からの拘束者数は約16,000人。そして、いわば「毎月、数百人単位」ともいえるペースで死刑判決。記事には『家族はムスリム同胞団じゃない!』等、叫びに似た言葉が並ぶ。

市民は、どこまでこのことを受け入れているのだろうか。2013年6月終わりにエジプト人の国際教育実践の関係者にカタールで会ったとき、ムスリム同胞団政権に違和感を示しておられたのは確かだったが。

The World Post: Egypt Mass Trial: Judge Sentences 683 To Death
http://www.huffingtonpost.com/2014/04/28/egypt-mass-trial_n_5224509.html

|

« ナイジェリアで大規模女子校襲撃・連行事件 | Main | ルワンダ内戦・大規模虐殺から20年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference どんどん数が増える、エジプト・ムスリム同胞団への国軍からの“粛正”:

« ナイジェリアで大規模女子校襲撃・連行事件 | Main | ルワンダ内戦・大規模虐殺から20年 »