« 根深いナイジェリアの「政府・警察・軍」への信頼感欠如 | Main | ついにホントに『マイナス金利』 »

2014.05.30

外来生物問題はマダガスカルでも

東南アジア由来の「かえる」がマダガスカルで急増中、とBBCが報じている。

BBC News: Asian relative of cane toad threatens Madagascar havoc
http://www.bbc.com/news/science-environment-27607978

マダガスカルのような地理条件の国は、スリランカ、南洋州等とともにまさに「自然遺産」。でも経済活動が活発になると、大きな船のバラスト水や「荷物にくっついてきた」種苗など、いろいろな形で問題は起きる。検疫も神経質にならないといけない。しかしそれが、途上国は難しい。

|

« 根深いナイジェリアの「政府・警察・軍」への信頼感欠如 | Main | ついにホントに『マイナス金利』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10903/59730013

Listed below are links to weblogs that reference 外来生物問題はマダガスカルでも:

« 根深いナイジェリアの「政府・警察・軍」への信頼感欠如 | Main | ついにホントに『マイナス金利』 »